HOME 教育状況公表 本日
⇒#1448@講義;

  析出物質による過電圧の違い

/amenity/Knowledge/KnowledgeWeb.aspx?DSN=ElectroChem&nKnowledgeID=2201

この 講義 無機・分析化学応用実験 の単元です。 この講義(析出物質による過電圧の違い)の親単元は 分解電圧 ~速度論的取り扱い です。

初版
結果電解液の種類による過電圧ηV違い示す電圧-電流プロアノード種類よる過電圧の違い示す電圧-電流プロカソードの種類による過電圧の違い示す電圧-電流プロ
考書より理論分解電圧求めるアノードカソードに白金用いて0.1M H2SO4, 0.1M NaOH0.1M HClの電流電位曲線測定分解電圧求める方眼紙へのプロ測定同時に行うこと理論分解電圧と実測値から過電圧求める電流の測定にはカレントフォロア電圧測定エレクトロメータ用いること推奨する

Pt/H2SO4/Pt
Pt/NaOH/Pt
Pt/HCl/Pt

電圧―電流曲線1)
白金2)硫酸3)水酸化ナトリウム4)塩酸5)

水溶液電解6)


水素過電圧酸素過電圧塩素過電圧などが重要工業電解などでは電力効率高めるために触媒作用のある物質電極使ったりして過電圧小さくします

酸性アノード
2H2O<->O2+4H(+)⇒#253@反応;7)
2Cl(-)<->Cl2(g)⇒#98@反応;8)
酸性カソード
H2<->H(+)水素の酸化還元9)

アルカリ性アノード
4OH(-)<->O2+2H2O4OH(-)<->O2+2H2O10)
アルカリ性カソード
2OH(-)+H2<->2H2O2OH(-)+H2<->2H2O11)

(1電圧―電流曲線,電圧,電流, (プロット).
(2白金Pt, = 0 g/mol, (化学種).
(3硫酸sulfuric acidH2SO4, = 98.07948 g/mol, (化学種).
(4水酸化ナトリウムsodium hydroxideNaOH, = 39.99714 g/mol, (化学種).
(5@ > 無機材料 >  > 塩酸
塩酸hydrochloric acid , (材料).
(6工業電解 > 水溶液電解
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(7)   O2 + 4H+ + 4e- ↔   2H2OEº = 1.229V, = 1.229 V, (反応-253).
(8)   Cl2 + 2e- ↔   2Cl-Eº = 1.3583V, = 1.3583 V, (反応-98).
(9)   2H+ + 2e- ↔   H2Eº = 0V, = 0 V, (反応-1).
(10)   O2 + 2H2O + 4e- ↔   4OH-Eº = 0.401V, = 0.401 V, (反応-248).
(11)   2H2O + 2e- ↔   2OH- + H2Eº = -0.8285V, = -0.8285 V, (反応-241).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1448'> <q><cite> 析出物質による過電圧の違い </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=9230'> 無機・分析化学応用実験 <a/a> 講義ノート, 2007.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1448'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1448 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-7-15">2020-7-15</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1448

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.