HOME 教育状況公表 本日
⇒#1029@講義;

  器楽

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(器楽)の親単元は 高校音楽 です。

初版
楽器演奏する音楽1)2)3)

ピアノギターなど

パイプオルガンはもっとも広い周波数4)20Hzから8000Hzの音出します音の大きさは音圧レベル5)です

電子楽器も多くなりました自動演奏では音程長さ音色など指定しますDTMでは定位も指定します音色設定には基本波形倍音構成設定だけでなくビブラート振幅変調周波数変調エンベロープ包絡線設定も大切です不自然なかんじにならないようにゆらぎも必要となります

製品楽器6)



ミュージ > 博物館 > 浜松市楽器博物館,博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

楽器製品.

(1ミュージ > 博物館 > 浜松市楽器博物館,博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(2 > AV機器のしくみ
吉岡安之, 電子の回廊, 日刊工業新聞社, (1994).
(3 > 楽器の科学 : 角笛からシンセサイザーまで(目次)
橋本尚著, 楽器の科学 : 角笛からシンセサイザーまで, 講談社, (1979).
(4周波数 f / Hz.
(5音圧レベル N / dB.
(6楽器製品.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> 器楽 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1029'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1029 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-19">2019-9-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1029

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.