🏠
🌡️ 📆 令和4年12月10日

著作権

1.

著作物に関する権利です。著作人格権と著作財産権があります。著作財産権には複製権、上演権・演奏権、公衆送信権、口述権、展示権、上映権、頒布権、譲渡権・貸与権、翻案権などがあります。このうち公衆送信権はホームページなどの普及により平成9年度からあらたに導入されたものです。

権利者に認められる著作権は無制限ではなく、利用者の権利が侵害されないよう制限が定められています。私的利用のための複製や引用、学校や教育における利用です。もちろんそれらの条件は著作権者の利益を不当に害することがないように厳密に定められています。

著作権法第35条第二項が改正されました。学校その他の教育機関において当該授業を受けるものに対して公表された著作物は当該授業が行われる場所以外の場所において当該授業を同時に受けるものに対して当該著作物を公衆送信することができる、というものです1)。

○著作権法

http://law.e-gov…

【関連書籍】

2)

3)

【関連講義】

技術者倫理,ルールの表現と形式化~法律と倫理規程~(2011)4)

電気化学の庵,5)