HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS

機器の導入、運用、保守と費用対効果 -分析機器は商品を安くできるか?/機器分析学II

機器分析学II Google+ files 53253 C1

1年のときの講義 スタートアップセミナーの単元 物質から情報を取り出す−分析化学、機器分析、物性化学− を思い出そう。 2年前期の講義 情報処理概論の単元 オペレーティングシステムとデータベース, サプライチェーンマネジメントと電子マニフェスト〜薬品や材料の管理〜 を思い出そう。

課題

機器分析装置の液体窒素デュワー瓶が無くなった?

2017年8月下旬に,ESR室の5Sをしたときに,実験装置の液体窒素デュワー瓶が無くなっていることが分かった. 下の写真のような10L程度の液体窒素が入るデュワー瓶が無くなりました.無くなったデュワー瓶は,ほぼ同じ形で,色が茶色またはベージュ色っぽくなっています. 装置ID:575のIDが記載されています.

5000万円以上するESR装置が置いてあり,教育・研究活動のため,利用者登録をした人は,守衛室から鍵を借りて利用できるようにしています. また,子供向けの実験のモバイルキッズケミラボにも貸し出しいました. 担当の先生に確認しましたが,本紛失とは,無関係との報告を受けている. 利用者にメールを書いて,戻してもらう,または,情報提供を促したが1週間たっても変化はなかった.

好意で貸し出して,実験装置の備品が紛失する母校の状態を改善するために,協力してください. この問題を解決するために,ご近所さんと相談して改善案をノートにまとめてください. まとめたノートをGoogle+に投稿してください.

また,見方または情報をお持ちの方は,伊藤まで連絡いただけますと助かります. Google+に投稿していただいても結構です(加点とします).

関連講義など


山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53253/53253_07.asp