HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
情報処理概論 戻る 進む 講義スライド
情報処理概論 WebClass Google+ files syllabus 52227 C1 情報機器の準備

オペレーティングシステムとデータベース〜計算の元になるデータの蓄積〜

オペレーティングシステム(OS)

情報技術基礎, pp.58-60

Windows

Microsoft社が開発したパソコン向けOS,http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/Default.aspx

山形大学の無線LAN

android

事実上シングルユーザーのマルチタスクオペレーティングシステム。事実上シングルユーザーのため、端末認証の積極的導入が可能。サーバーサイドよりクライアントサイドで威力を発揮します。 可動部分を持つ高価なデバイス(マウス、キーボード、HDD)や3次元形状を持つ高価な部品(コネクタ、ケーブル)などを可能な限り排除し、プリンテッドエレクトニクスを駆使した端末を積極的に活用することで安価なクライアント環境をユーザーに提示します。 またHTMLとJavaScriptを使ったストアアプリの導入することと、データベースをクラウド上に保持してサーバーサイドの計算リソースを使うことでクライアントの負荷を低減し、端末OSに依存しないサービスの提供を目指しています。 ガラケーと同じ形の、ガラホにも搭載されました。

Android の世界は、 スマホやタブレットから、 時計、テレビ、そして自動車にまで,http://www.android.com/

Linux

Linuxとは、1991年にフィンランドのヘルシンキ大学の大学院生(当時)Linus Torvalds氏によって開発された、UNIX互換のOS,UNIXの歴史

アプリ

情報技術基礎, pp.61-71

ワープロ ,表計算,プレゼンテーションソフト,CAD,数式処理ソフト

ブラウザー上で動作するアプリ

Google Apps, Office 365

マルチタスク,マルチユーザ,ファイル

情報流出問題

クライアントサーバシステムと可用性

VPNでゲートウェイサーバに接続するにはクライアントに 証明書 を入れたり、資格情報を設定したりする必要がある。

ネットショッピングでは クライアントが自分のPCがクライアントコンピュータ、ショップを運営する会社のPCがサーバコンピュータである。 個人を特定するためにサーバコンピュータにアカウントを作ってログオンすることで取り引きがはじまる。

可用性:システムがダウンしないこと,情報技術基礎, pp.19

例:認証サーバ,インターネットサーバ,マルチデバイスとクロスデバイス,電源のバックアップ(UPS),ハードディスクの多重化(RAID)

データベース

データベースは、物流、ネットショップ、名簿、 在庫管理 などさまざまな業務の基幹だ。 コンピュータでは、データベースは、テーブルの集合として実装される。 テーブルは、フィールドとレコードからなる。 たとえば、化学物質のサンプルの管理をするのにデータベースを使うなら、 サンプルのテーブルとサンプルの使用履歴のテーブルが必要だ。 サンプルノテーブルには、供給元、入手日時、管理者などのフィールドが必要であり、 サンプルの使用履歴のテーブルには、サンプルID、使用者、使用日時などのフィールドが必要だ。 このようにフィールドやテーブル、あるいはその関係に名前をつけてゆく作業をデータベースの設計という。

データベースソフトウェア

Access, SQL, FileMaker

マルチユーザ環境下のデータベース

ユーザーごとの権限,同時に更新が行われても整合性が保たれる


山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52227/52227_11.asp