HOME 教育状況公表 本日
⇒#1972@講義;

  接着強度

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(接着強度)の親単元は 卒業論文、修士論文、博士論文 です。

初版
ゆきは2008年にそれまでの研究粘着テープ用いた電極合材と集電体との接着強度の数値化というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した1)

書籍
リチウムイオン電池の製造2)
高密度リチウム次電池 その反応材料と技術開発目次3)
ここまできた接着技術 大きく変わる短時間硬化機能目次4)
高分子化学5)
エラストマー系接着剤の化学と物性6)
身近な現象の化学目次7)
8)
粉体と液体溶液界面ぬれ 9)

関連講義
電気化学の庵,プラスチJIS化学化学分析10)

規格と標 > JIS( > JIS. > プラスチック@JIS.K―化学・化学分析,JIS.K―化学・化学分析
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

(1粘着テープを用いた電極合材と集電体との接着強度の数値化
今野 優輝, 卒業論文, (2008).
(2 > リチウムイオン電池の製造
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(3 > 高密度リチウム二次電池 その反応、材料と技術開発(目次)
竹原善一郎, 高密度リチウム二次電池 その反応、材料と技術開発, テクノシステム, (1998).
(4 > ここまできた接着技術 大きく変わる短時間硬化機能(目次)
柳原榮一, ここまできた接着技術 大きく変わる短時間硬化機能, 工業調査会, (2003).
(5 > 高分子化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(6 > エラストマー系接着剤の化学と物性
Alphonsus V. Pocius、水町浩、小野拡邦, 接着剤と接着技術入門, 日刊工業新聞社, (1999).
(7 > 身近な現象の化学(目次)
日本化学会, 身近な現象の化学, 培風館, (2001).
(8ポリフッ化ビニリデンの延伸および延伸物の構造と物性:初期形態および延伸法の効果
, ,0,1(1996).
(9 > 粉体と液体(溶液)の界面(ぬれ)
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(10規格と標 > JIS( > JIS. > プラスチック@JIS.K―化学・化学分析,JIS.K―化学・化学分析
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 接着強度 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1972'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1972 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-22">2019-8-22</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1972

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.