HOME 教育状況公表 令和3年9月17日

不均一

1.

0以上の容積を持つ空間中に区別できる2が存在すること。その異なる二についてと方向が生まれ、それに垂直なが生まれ、によって区別されるバルクが生まれ、構造が生まれます。エントロピー増大の法則に従い、均一になろうとする構造が機能しはじめます。圧力による物質対流濃度による物質拡散電圧による電気の流れ、温度によるの流れ、いずれも不均一がゆえに時間的変化があらわれます。複数の純物質が混在していることもいえます。触媒には均一触媒不均一触媒があります。