⇒#1800

衣服

衣料と服飾生活の基本衣食住の要体温の維持などの目的で人間が身につけるもの靴下ワイシャツストッキング下着など合成繊維きたことで服も丈夫になりました1)形状記憶合金のおかげでブラジャーも型崩れしません染料顔料の発達でファッションもさまざま汚れた洗濯物は合成洗剤洗濯機で洗いますただし化学実験で使う白衣などは腐食性が強い物質が付着していることがあるので要注意です衣服硫酸つくと穴があき緒に選択したものまでぼろぼろになることがあります2)3)
(1原料から繊維製品へ
平井東幸, 図解繊維がわかる本, 日本実業出版社, (2004).
(2生活科学(総合),,etc,,
安喰 功, シラバス, (2006).
(3ファッションと化学(目次)
日本化学会, ファッションと化学, 大日本図書, (1992).
生活科学生活科学(総合)