⇒#131@計算;

表面コイル型共振器

line=1/(2*P/((c/Fr)/sqr(E)))*atn(-(2*P*Fr)*(((1/(1+R/Lc-0.02*(R/Lc)*(R/Lc)))*(4*P*1.0e-7)*P*R*R)/Lc)/Zc)+n*((c/Fr)/sqr(E))/2
数式-131)

関連する物理量

  • 円周率
  • 半径
  • Lc
  • 共振周波数
  • インピーダンス
  • 共振器の長さ
  • 比誘電率
  • 光速


  • 生体計測可能な局所マイクロ波ESR法で使用する表面コイル型共振器設計するときに利用する理論計算式です

    セミリジトケーブル使用する場合テフロン比誘電率1)2.1用います


    (1比誘電率, (物理量).


    物理は自然を測る学問。物理を使えば、 いつでも、 どこでも、みんな同じように測れます。 その基本となるのが 単位で、その比を数で表します。 量にならない 性状 も、序列で表すことができます。

    物理量単位の倍数であり、数値と 単位の積として表されます。

    との関係は、 で表すことができ、 数式で示されます。 単位が変わっても は変わりません。 自然科学では数式単位をつけません。 そのような数式では、数式の記号がそのまま物理量の記号を粟原素のでを量方程式と言います。

    *  基礎物理定数
    物理量 記号 数値 単位
    真空の透磁率 permeability of vacuum μ 0 4π ×10-2 NA-2
    真空中の光速度 speed of light in vacuum c , c 0 299792458 ms-1
    真空の誘電率 permittivity of vacuum ε = 1/ μ 0 c 2 8.854187817...×10-12 Fm-1
    電気素量 elementary charge e 1.602176634×10-19 C
    プランク定数 Planck constant h 6.62607015×10-34 J·s
    ボルツマン定数 Boltzmann constant kB 1.380649×10-23 J·s
    アボガドロ定数 Avogadro constant NA 6.02214086×1023 mol−1
    <!-- 数式 数式 数式-->
    <!-- 表面コイル型共振器-->
    <figure>
    <img style="height:1em;width:auto;" src="" />
    <figcaption>

    <div style="text-align:right;"> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Formula/Calculation_Index.asp">数式</a>- <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Formula/@Calculation.asp?id=131">131 </a>
    </div>
    </figcaption>
    </figure>
    <!-- 数式 数式 数式-->