HOME 教育状況公表 本日
⇒#14@表;

フォーリン-チオカルト法の条件


*対象試料フェノール試薬炭酸ナトリウム傾きa [-/(mg/mL)]モル吸光係数 [m2/mol]pH備考参考資料
クロロゲン酸(1回目)
クロロゲン酸(2回目)
没食子酸(1回目)
没食子酸(2回目)
クロロゲン酸(色補正解除)

手法フォーリン-チオカルト法

照資料
1.スキャナ用いる多検体同時比色分析法の研究 ポリフェノール量の定量1)
2.スキャナー用いるポリフェノールの多検体同時分析2)
3.スキャナによる多検体同時比色分析法の検討3)
4.RGB値からXYZへの変換4)

関連グラフ
クロロゲン酸溶液の濃度とLog10(R0/R)の関係5)



RGB値からXYZへの変換
伊藤 智博, 研究ノート, (2012).

クロロゲン酸溶液の濃度とLog10(R0/R)の関係グラフ.

(1スキャナを用いる多検体同時比色分析法の研究 ―総ポリフェノール量の定量―
高瀬 雄大, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(2スキャナーを用いる ポリフェノールの多検体同時分析(仮)
大木 乃梨子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(3スキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)
豊田 樹朗, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
(4RGB値からXYZへの変換
伊藤 智博, 研究ノート, (2012).
(5クロロゲン酸溶液の濃度とLog10(R0/R)の関係グラフ.

表の書きかた