HOME 教育状況公表 本日
⇒#2537@講義;

  複素数


この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(複素数)の親単元は 数と量、数値と数字 です。

初版
虚数単位数とした加えた集合

周期的な現象角関数1)で表現できると微分や積分が乗算や除算だけででき計算便利になりますたとえばインピーダンス2)アドミタンス3)複素数

複素数は複素平面上のベクトル4)して表現できます5)6)

関連講義電気化学の庵,複素数と図形7)

サイン(三角関数)―正弦波図形.

図形とベクトル,解析学(関数、微分、積分、複素数、ベクトル)
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

コールコールプロットの例 グラフ.

複素数と図形,解析学(関数、微分、積分、複素数、ベクトル)
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

(1サイン(三角関数)―正弦波図形.
(2ZインピーダンスImpedanceオーム, (物理量).
(3Yアドミッタンスジーメンス, (物理量).
(4図形とベクトル,解析学(関数、微分、積分、複素数、ベクトル)
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(5コールコールプロット,電気抵抗,リアクタンス, (プロット).
(6コールコールプロットの例 グラフ.
(7複素数と図形,解析学(関数、微分、積分、複素数、ベクトル)
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2537'> <q><cite> 複素数 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2008.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2537'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2537 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-7-7">2020-7-7</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2537

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.