HOME 教育状況公表 令和3年3月2日

貯蔵

1.

物質エネルギー情報などをたくわえておくことです。パイプで簡単に輸送できる液体気体は貯蔵するのに容器が必要です。逆に固体は貯蔵に便利ですが輸送には自動車道路が要ります。電気電線輸送できますが、貯蔵には電池コンデンサが必要です。一般に貯蔵には三次元的な体積を確保しなければなりません。何かを廃棄するということはそれをどこかへ移動して貯蔵することにほかなりません。