HOME 教育状況公表 本日
⇒#398@講義;

0000.  概要

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 データベースアメニティ研究所 の単元です。 この講義(概要)の親単元は (null) です。

初版

データベースアメニティ研究所は 山形大学1)が公式に認定した バーチャル研究 です データベースアメニティ研究所は学術の中心である大学の教育研究支援する知識ベースシステム探求目的とします具体的にはシラバスデータベースはじめとする JABEE 対応カリキュラム支援システム教員要覧および研究者総覧はじめとする研究プロジェクト支援システム電気化学データベースはじめとする社会啓蒙活動支援システムそのほかインターネットデータベース技術活用し快適に情報操作文化発展および産業の発達に寄与する 知的財産 ためのシステム企画設計開発およびその管理運営維持に関する教育研究行います

近年AI人工知能やIoTグデータビジネスに活用され始めているそれらの基盤となるデータベースの構築や維持AI開発者の人手不足権利帰属問題さらには法的な責任問題などなど多くの解決すべき課題が多い大学学術中心として文化の発展に貢献すべく教育通して知的財産として著作物や発明の創造促す役割担っておりそれらの課題に対するソリューション研究していく必要がある大学には薬品消耗品装置測定結果モニタリング結果などといった実験リソースもちろんのこと卒業論文研究ノート共同研究報告書シラバス講義ノート書籍というような知的財産の源となる教育研究リソースも数多く存在する

これらの状況踏まえデータベースに蓄積された教育研究リソースグデータとして体系化しそれら活用するAI人工知能に関する研究と開発行いあらゆる可能性について分野超えて模索する論文刊行書籍出版講演ための剽窃チェ転載許諾含むデジタル著作権管理DRM技術研究開発行うサイバースペースに存在するリソース攻撃から守るセキュリティ技術権利の帰属明らかにする認証技術研究開発行うまた実際に農業や介護と言った人手不足が予見できる分野あるいはエネルギーテリーと言った分野においてAI人工知能シームレスに接続するためのIoT技術について研究と開発行う特にスマートフォンと無線LAN使った現代の若者のライフスタイルに適合できるシステム模索する

●関連シラバス

サイバーキャンパス鷹山サイバーキャンパス「鷹山」2)

電気化学の庵3)

伊藤智博,齊…らは2011年にで開催された平成22年度情報処理学会東北支部研究会においてフェデレーションアーキティクチャによる資源有効活用のためのデータベース構築の検討について報告しているフェデレーションアーキティクチャによる資源有効活用のためのデータベース構築の検討4)


フェデレーションアーキティクチャによる資源有効活用のためのデータベース構築の検討

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 奥山澄雄,伊藤智博, 立花和宏,仁科辰夫, 鈴木勝人, 青木和恵. <q><cite> 概要 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11030'> データベースアメニティ研究所 <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=398'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=398 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-12-14">2018-12-14</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=398

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.