HOME 教育状況公表 本日
⇒#367@講義;

0000.  物理量と単位

伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫
/amenity/Library/YuBooksWeb.aspx?nID=507282

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(物理量と単位)の親単元は 高校物理 です。

初版

単位の検索結果覧します物理量覧から物理量検索それから単位表示させると便利です物事が数値として客観的に測定できるということはとても便利なことですね

単位には標準がなければただの名前になってしまいます

標準の要件として

.変化しないこと安定性があること
いつでもどこでも必要な標準値が得られるということ再現性があること
.分高い精度実現できること


出典:
標準の要件として、
(小泉袈裟勝文/緒方健二絵. 単位のおはなし. 日本規格協会, . ) 1)
SI単位の制定にも工夫がされています
表紙裏

単位のおはなしの続編として1SI単位の背景などを述べています。
(1標準の要件として、
単位のおはなし, 単位のおはなし, 日本規格協会, (1979-1985.12).

出典:
表紙裏 単位のおは
(小泉袈裟勝. 続 単位のおはなし. 日本規格協会, . ) 2)
単位は分離量と連続量からなります
単位誕生
分離量連続量

比較したり交換したりする場合にはそれぞれ数値で表す必要がありますそのための基準が単位です

外延量内包量

単位171新知識目次1)
(1単位171の新知識(目次)
星田直彦, 単位171の新知識, 講談社ブルーバックス, (2005).

出典:
単位の誕生◆分離量と
(星田直彦. 単位171の新知識. 講談社ブルーバックス, . ) 3)
単位物理量には密接な関係があります高校物理4)

国際単位(SI)では次元的に独立であると見なされるつの量すなわち長さ  〔m質量 m 〔kg時間 t 〔s電流 I 〔A熱力学温度 T 〔K物質量 n 〔mol及び光度 l 〔cdついて明確に定義した単位m[m]キログラム[kg]kg[s]sA[A]ケルビン[K]Kモル[mol]mol及びカンデラ[cd]cd基本単位として選定しましたその他の単位(組立単位)つの基本単位から数値係数含まない乗除算により導き出すことができます物理量と単位5)

質量㌘㎏㌧

長さ㎜㎝Åなど

体積 V 〔m3㍑?㏄

面積 A 〔㎡㌶㌃

電力 P 〔W

エネルギー E 〔J

圧力 p 〔Pa

関連講義

電気化学の庵,物理量と単位6)

サイバーキャンパス鷹山,物理量と単位のテーブル7)

単位一覧8)

視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録目次

力学
熱力学1)
2)
電気と磁気3)
原子と原子核4)

(1 > 熱力学
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, , (2006).
(2 > 
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, , (2006).
(3 > 電気と磁気
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, , (2006).
(4 > 原子と原子核
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, , (2006).

出典:
視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録(目次)
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. 数研出版, . ) 9)

新訂物理図解目次

新訂物理図解目次

裏表紙センサー1)

と運動2)
エネルギー3)
波動4)
電気と磁気5)
原子6)


(1 > 裏表紙:センサー
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(2 > 力と運動
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(3 > エネルギー
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(4 > 波動
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(5 > 電気と磁気
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(6 > 原子
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).

出典:
新訂物理図解(目次)
(中村英二、吉沢康和. 新訂物理図解. 第一学習社, . ) 10)

物理学目次

物理学目次

質点力学
質点系と剛体
弾性体流体1)

温度2)
静電場
電流磁場3)
電磁誘導電磁波
現代物理学4)

物理量
(1 > 弾性体と流体
小出昭一郎著, 物理学, 裳華房, (1997).
(2 > 温度と熱
小出昭一郎著, 物理学, 裳華房, (1997).
(3 > 電流と磁場
小出昭一郎著, 物理学, 裳華房, (1997).
(4 > 現代物理学
小出昭一郎著, 物理学, 裳華房, (1997).

出典:
物理学(目次)
(小出昭一郎著. 物理学. 裳華房, . ) 11)

ビジュアル理科目次

分野
植物生活種類1)
動物生活種類2)
生物の細胞と生殖
大地の変化3)
天気とその変化
地球宇宙4)
自然人間5)

分野
身近な物理現象6)
電流の規則性
運動の規則性
身のまわりの物質
化学変化の規則性
物質と化学変化の利用7)
科学技術人間
科学実験の基礎操作
切り取り原子モデル
資料編実験観察データ

ハチドリパラパラアニメつき

http://toho.toky…
(1 > 植物の生活と種類
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).
(2 > 動物の生活と種類
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).
(3 > 大地の変化
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).
(4 > 地球と宇宙
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).
(5 > 自然と人間
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).
(6 > 身近な物理現象
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).
(7 > 物質と化学変化の利用
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).

出典:
ビジュアル理科(目次)
(東京法令出版編集出版部. ビジュアル理科. 東京法令出版, . ) 12)

ファインマン物理学力学目次

ファインマン物理学力学目次

踊るアトム
物理学原理
物理学他の学問の関係1)
エネルギー保存
時間距離
確率
有引力の理論
運動
ニュートン力学法則
運動量保存
ベクトル
力の性質
仕事位置エネルギー
仕事位置エネルギー結び
特殊相対性理論
相対論エネルギー運動量
時空世界
平面内の回転
質量中心慣性モーメント
次元空間おける回転
調和振動子
代数
共鳴
過渡現象
線形系のまとめ


原著は冊ですが訳書は冊からなります

ファインマン物理学力学2)
ファインマン物理学  波動3)
ファインマン物理学電磁気学4)
ファインマン物理学電磁波物性5)
ファインマン物理学量子力学6)


(1物理学と他の学問の関係
ファインマン 著, ファインマン物理学1, 岩波, (1986).
(2ファインマン物理学1―力学
ファインマン、レイトン、サンズ/坪井忠二, 岩波書店, (1971).
(3ファインマン物理学2―光 熱 波動
ファインマン、レイトン、サンズ/富山小太郎, 岩波書店, (1971).
(4ファインマン物理学3―電磁気学
ファインマン、レイトン、サンズ/宮島龍興, 岩波書店, (1971).
(5ファインマン物理学4―電磁波と物性
ファインマン、レイトン、サンズ/戸田盛一, 岩波書店, (1971).
(6ファインマン物理学5―量子力学
ファインマン、レイトン、サンズ/砂川重信, 岩波書店, (1971).

出典:
ファインマン物理学1―力学(目次)
(ファインマン、レイトン、サンズ/坪井忠二. ファインマン物理学1―力学. 岩波書店, . ) 13)

と意外の科学者列伝
この科学者の職業は?
電磁気単位の侍たち
ヴォルタ
オーム
ファラデー
テスラ
一九世紀ドイツ英国
グリニ天文台
ハリソン
大物科学者科学と国家
ケルヴィン
ネルンスト
ペンハイマー
出典:
異色と意外の科学者列伝
(佐藤文隆. 異色と意外の科学者列伝. 岩波書店, . ) 14)

ケーブルとその周辺考えるときよく必要になる物理定数集めてあります


出典:
物理定数表 Physical Constants 15)

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> 物理量と単位 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=367'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=367 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-18">2019-8-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=367

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.