HOME 教育状況公表 本日

コラーゲン

1.

チューブリンアクチンミオシン筋肉クリスタリン水晶ヒストンケラチンなどのように構造物作る構造タンパク質1)骨などの結合組織の強度と弾性高めます2)

コラーゲンペプシンなどのタンパク質分解酵素アミノ酸に消化されたのちに体内で合成されるので摂取したからといってすぐにコラーゲンになるわけではありませんがタンパク質不足の解消には良いかもしれません
(1遺伝情報とその発現
実教出版, サイエンスビュー生物総合資料, 実教出版, (2006).
(2代謝/動物生理学、植物生理学、生化学、有機化学
実教出版, サイエンスビュー生物総合資料, 実教出版, (2006).