⇒#4730

スピンプローブ法

スピンプローブ法はラジカル測るための磁気共鳴計測法のつである

スピン持たない系はESR不活性サイレントであるから大多数の物質はESRの研究対象外となってしまう物質の性質や動態挙動スピンいうなの通して探索することができないかという発想でスピンラベル法が開発された生体膜などにスピンラベルラベルスピンの挙動ESR観測することで生体膜の挙動探索しようとした実験が行われ生体系の膜やDNAの挙動ESR観測したスピンラベルすなわちスピンスピンラベル化学物質に結合させてラベル化する方法スピンラベル法というスピンプローブ法はただ単に系にスピンプローブして導入する方法であるこの両方の方法は広い意味ではスピンプローブ定義される1)

例えば生体内で発生するフリーラジカル活性酸素濃度は低くく寿命であるためそのまま電子スピン共鳴ESR法で観測することは非常に困難であるそこで比較的安定なラジカル試薬あるスピンプローブ剤投与し投与ラジカルの動態酸化還元などによるスピンプローブ剤の増加や減少解析することによって生体内のフリーラジカル挙動推測する方法である2)

生きたままインビボスピンプローブ実現する方法として低周波ESR法があるまたスピンプローブ法のことスピンプローブESR法やin vivo ESR/スピンプローブ法と呼ぶことがある

石~佑は2012年にそれまでの研究ビタミンE投与の運動負荷におけるレドクスバランスのin vivo ESR計測というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した3)

城~香は2010年にそれまでの研究In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状態の計測① ‐水泳運動の影響-いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)

石~佑は2010年にそれまでの研究In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状態の計測② -歩行運動影響-いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した5)

石~は2009年にそれまでの研究In vivo ESRスピンプローブ法による酸化還元状態計測 -及ぼす運動の影響-というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した6)

岡~は2009年にそれまでの研究酸化ストレス負荷生体酸化還元状態計測と抗酸化剤の効果というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した7)

じゅんじは2006年にそれまでの研究TEMPOL繰り返し投与法による酸化能評価というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した8)

あとでは2005年にそれまでの研究In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状能計測 へのオゾンの影響 というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した9)

ねずみ2005年にそれまでの研究In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状態計測及ぼすアロマセラピー影響-というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した10)

HNは2004年にそれまでの研究In vivo ESR法によるエダボラン注射剤投与還元能評価というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した11)

えびなは2004年にそれまでの研究In vivo ESR/TEMPO繰り返し投与法による酸化能に関する研究というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した12)


卒業研究C1-磁気共鳴計測研究グループ2004200613)L-バンド電子スピン共鳴画像装置マニュアル14)ESR入門セミナー15)
(1 > スピンプローブ法とスピンラベル法
山内 淳, 磁気共鳴-ESR -電子スピンの分光学-, サイエンス社, (2006).
(2 > 生体計測ESR/スピンプローブ法
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(3ビタミンE投与ラットの運動負荷におけるレドックスバランスのin vivo ESR計測
石川 幸佑, 修士論文, (2012).
(4In vivo ESR/スピンプローブ法によるラットの酸化還元状態の計測① ‐水泳運動の影響-(仮)
城市 香, 卒業論文, (2010).
(5In vivo ESR/スピンプローブ法によるラットの酸化還元状態の計測② -歩行運動の影響-(仮)
石川 幸佑, 卒業論文, (2010).
(6In vivo ESRスピンプローブ法による酸化還元状態計測 -ラットに及ぼす運動の影響-
石川美穂, 卒業論文, (2009).
(7酸化的ストレス負荷ラットの生体内酸化還元状態計測と抗酸化剤の効果
岡田宏美, 修士論文, (2009).
(8TEMPOL繰り返し投与法によるラットの抗酸化能評価
渡邉 隼司, 卒業論文, (2006).
(9In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状能計測― ラットへのオゾンの影響 ―
栗山 正俊, 卒業論文, (2005).
(10In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状態計測-ラットに及ぼすアロマセラピーの影響-
中村 志保, 卒業論文, (2005).
(11In vivo ESR法によるエダボラン注射剤投与ラットの還元能評価
渡邉隼司, 卒業論文, (2004).
(12In vivo ESR/TEMPO繰り返し投与法によるラットの抗酸化能に関する研究
海老名 里花, 修士論文, (2004).
(13卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~),精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2011).
(14L-バンド電子スピン共鳴画像装置マニュアル,,etc,,
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2008).
(15電子スピンサイエンス学会(SEST) 第2回ESR入門セミナー会議.
ESR活性酸素ついての入門講座である電子スピンサイエンス学会(SEST) ESR入門セミナー1),回ESR入門セミナー2)開催されます
(1電子スピンサイエンス学会(SEST) 第2回ESR入門セミナー会議.
(2第3回ESR入門セミナー会議.