HOME 教育状況公表 令和2年9月26日

仕事関数

1.

固体などの電子無限遠まで引き離すのに要するエネルギーのことたとえば固体表面にその仕事関数超えたエネルギー持つ光量子があたると光電効果によって電子が飛び出します1)

分子電子親和力2)半導体仕事関数より大きいと分子半導体から電子もらって表面に負電荷吸着しますまた分子のイオンポテンシャル半導体電子親和力より小さいと分子は半導体電子渡して正電荷吸着しますもしその間ならば分子と半導体の間で電子のやりとりは起こりません3)

ケル 4.6eV
3.9eV
タンタル 4.2eV
タングステン 4.5
白金 5.3
セシウム4)2.0eV
マグネシウム3.7eV
アルミニウム4.3eV
4.8eV
5)5.1eV
ITO4.6eV
ITOUV処理5.1eV6)

関連書籍電子の放出7)

(1 > 原子の構造
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(2電子親和力( [ジュール毎モル].
(3 > 先端技術におけるセラミックス
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, (1986).
(4@ > セシウム
セシウム, (材料).
(5GoldAu, = 196.967 g/mol, (化学種).
(6 > 光る
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
(7 > 電子の放出
相川孝作著, 電子現象 : 電子物理と放電現象, 朝倉書店, (1967).