HOME 教育状況公表 令和3年5月7日

分析化学特論

分析化学特論 Google+ files

分析化学は物質から情報を得ること。 特に物質とエネルギーを組み合わせて情報を得ることは機器分析と呼ばれます。

顕微鏡を例にとればわかるように、分解能を上げるほど、視野が狭まります。 狭まった視野からこぼれた情報を見逃さない姿勢が分析する人に求められます。

受講するにあたって

02 分析化学の社会での位置づけ

AD変換とフーリエ変換,~赤外分光法(IR)とFT-IRの違い~

センサーと電磁波による非破壊分析

06 AIと機器分析


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56308/56308.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.