HOME 教育状況公表 本日
⇒#9219@シラバス;

有機工業化学I

-- 
http://campus3.kj.yamagata-u.ac.jp/syllabus/2010/html/2010_05_53271.html


このシラバス8707 科目 として開講されています。


概要

授業概要
テーマ

 資源に恵まれていない我が国では原料加工人間生活欠かせない物質生産する化学工業が極めて重要な産業である近年化学工業資源エネルギ環境問題などの多くの問題かかえながらより効率的なプロセスへと発展変貌遂げつつある本講義では石油石炭天然ガス未利用炭素資源利用などの分野中心としてそのプロセス持つ経済的社会的な意義踏まえさらに環境問題と関連付けながら工業化学考え方らえようとするものである
ねらい

 講義では重要なエネルギー資源して私達の生活支えかつ有機炭素資源として様々な素材提供している化石資源バイオマス資源および廃炭素資源の現状とその役割理解することねらいとする
目標

化石資源バイオマス資源および廃炭素資源の現状とその役割理解することねらいとし次の(a)(d)到達目標とする
 (a)有機炭素資源の種類とその成因および特徴理解できる
 (b)有機炭素資源の変換と生活製品とのかかわり理解できる
 (c)有機炭素資源の現状と工学の役割理解できる
 (d)資源利用と環境問題との関連およびクリアーすべき課題理解できる
キーード

 資源;エネルギー;石油;石炭;天然ガス;バイオマス;廃棄物;リサイクル;化石資源;有機炭素資源

授業計画
授業の方法

 90分の講義時間で講義とそのまとめの小演習行う小演習はテストとして講義のまとめに関する課題に回答してもらう次回の講義の中心的内容はレポート課題とします
日程

以下の各項目について回の講義行う
  石油精製工業石油の成因と組成石油の精製と転化
  石油製品ナフサガソリンその他の石油製品
  石油化学工業オレフィンおよび芳香族炭化水素の製造
  石炭化学石炭の性質と化学構造燃焼ガス液化
  天然ガス化学天然ガスの成因と転化および誘導化学製品
  バイオマス化学バイオマスの種類現状と利用
  未利用資源利用化学廃棄物の現状と廃有機炭素資源利用技術

テキスト

 有機資源化学朝倉書店2,940

考書

 横山孝男ら環境資源と工学朝倉書店3,090
 吉田高年ら有機工業化学概論培風館2,600

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=9219

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.