🏠
🌡️ 📆 令和5年1月29日
⇒#11190@シラバス;

リチウムイオン二次電池負極活物質動作に及ぼす酸化物材料と炭素材料への高分子材料の被覆効果

-- 
http://www.gijutu.co.jp/doc/s_912233.htm


このシラバス10347 科目 として開講されています。


概要

リチウムイオン次電池負極活物質動作に及ぼす酸化物材料と炭素材料への高分子材料の被覆効果

㈱技術情報協会 セミナー1)

『合金系負極へのリチウムドーピング技術
10:0011:40
リチウムイオン2次電池用負極用炭素微小球の特徴』
12:2514:05
リチウムイオン次電池負極としての酸化チタン混練したアクリルゴム電気化学特性
14:2016:00

90

1 理想的な電極
1-1 リチウム電池電極内部の電気の流れ
1-2 電極構造と電池性能の関係
1-3 コンポジ電極と活物質
1-4 活物質単独での評価方法とオーミ接触2)
1-5 集電体や導電助材の役割3)



リチウム二次電池における正極集電体アルミニウム酸化皮膜の電子伝導性と炭素の機能
○立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).

(1㈱技術情報協会 セミナー会議.
(2おりびん
渡邉 貴太, 修士論文, (2010).
(3リチウム二次電池における正極集電体アルミニウム酸化皮膜の電子伝導性と炭素の機能
○立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).

演習・報告書・申請

追加

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11190


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.