⇒#6478

大寒

二十四節気のひとつ1)17日ごろ太陽の黄径が300度となります

季節の区切り太陽黄径区別2)立春雨水啓蟄春分清明穀雨立夏小満芒種など3)夏至小暑大暑など4)立秋処暑白露秋分寒露霜降立冬小雪大雪冬至など5)小寒大寒

これらの節気は厳密な太陽の位置で定義されており地球の公転などのふらつきによって午前零時付近の場合に若干暦と日にちがずれてしまうことがあります6)

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 1月(睦月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).

(1高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 1月(睦月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).
(2高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).
(3高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).
(4高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(5高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ > ,暦(カレンダー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).
(6 > 暦の雑学事典(目次)
吉岡安之, 暦の雑学事典, 日本実業出版社, , (1999).