⇒#643

陽イオン系界面活性剤

カチオン界面活性剤1)界面活性剤のうち陽イオンが親油性の物質水溶液中で電離したカチオン陽イオン界面活性剤の主体となりますアンモニウム塩やピリジニウム対イオンには塩化物イオンがよく使われますハロゲンアルキルトリメチルアンモニウムなどです薬用ケンリンス繊維の柔軟剤顔料分散剤コンクリート防水剤殺菌消毒撥水剤などに使われます

化学種塩化物イオン2)

関連書籍
吸着過程3)
液体状態4)
有機ファインケミカルズ5)
吸着質6)
ケンと合成洗剤7)
ケン合成洗剤8)
さらなる顔料分散性の向上9)

(1 > 有機ファインケミカルズ
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(2塩化物イオンCl-, = 35.453 g/mol, (化学種).
(3 > 吸着過程
Henry H.Bauer[著]/玉虫伶太, 佐藤弦訳, 電極反応 : エレクトロディクス概説, 東京化学同人, , (1976).
(4 > 液体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, , (198).
(5 > 有機ファインケミカルズ
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(6 > 吸着質
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, p.107, (1995).
(7 > セッケンと合成洗剤
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, , (1995).
(8有機化合 > セッケン・合成洗剤
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, p.156, (1998).
(9 > さらなる顔料分散性の向上
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, , (2009).