HOME 教育状況公表 本日

BAPTA-AM

1.

BAPTA-AMO’‐ビスアミノフェニルエチレングリコール‐NN’N’‐酢酸テトラアセトキシエステル1))は BAPTAカルボキシル2)すべてアセトキシメチルエステル化したもので細胞内に容易に取込ませることができる細胞エステラーゼよりエステル分解され本体のBAPTAしての機能細胞内で示すようになる生成したBAPTA細胞内に保持される
(1O,O’‐ビス(2‐アミノフェニル)エチレングリコール‐N,N,N’,N’‐四酢酸テトラアセトキシエステルO,O'-Bis(2-aminophenyl)ethyleneglycol-N,N,N',N'-tetraacetic Acid Tetraacetoxymethyl Ester, (化学種).
(2カルボキシル基COOH, (化学種).