⇒#4838

熱可塑性樹脂

加熱すると柔らかになり冷却すると硬くなる成型加工しやい樹脂加熱してどろどろになった高粘性流体状態プラスチック流れ解析する手法熱流動解析いいますポリエチレン1)ポリプロピレン2)ポリ塩化ビニル3)ポリスチレン4)ポリメタクリルメチル5)など

自動車家電製品じめいろいろなところに使われています

パッケージフィルムヒートシールするためにラミネートフィルム下層にコートしたりします6)
(1ポリエチレン[-CH2CH2-]n, FW = 28.05376 g/mol, (化学種).
(2ポリプロピレン[-CH2-CH(CH3)-]n, FW = 42.08064 g/mol, (化学種).
(3ポリ塩化ビニル[-CH2-CHCl- ]n, FW = 62.49882 g/mol, (化学種).
(4ポリスチレンpolystyrene[-CH2-C(-Ph)H-]n, FW = 0 g/mol, (化学種).
(5ポリメタクリル酸メチル[-CH2C(CH3)(COOCH3)-]n, FW = 0 g/mol, (化学種).
(6合成樹脂
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).