HOME 教育状況公表 令和2年9月22日

表面コイル型共振器

1.

生体ESR現象生きたままインビボ観測するために平田らによって開発されたESR共振器
特徴内径5mm~10mm程度の円盤状の空間計測することができる
大きくわけてターンループコイル部と導波路のつの部分に分けることができる
理論的にはLC共振回路用いているまたSurface-coil-type Resonator略してSCR呼ばれる
この共振器局所マイクロ波ESR法使用されている

計算式https://a.yamaga…