HOME 教育状況公表 本日

ワクチン

1.

18世紀1)ジェンナー発明2)病原体対する免疫安全誘導する薬剤生ワクチン不活性化ワクチンコンポーネントクチンなどがあります生ワクチン病原性が残る危険ある効き目が生涯有効です病原性の低い変異株見つけて弱毒化生ワクチンするほかに遺伝子組み換え技術つかって積極的に弱毒化する遺伝子組み換え生ワクチンあります不活性化ワクチンウィルスホルマリンなどで殺して複製能力奪って作ります病原性は戻らないので安全すが得られた免疫長く続かないという短所がありますコンポーネントクチンサブユニクチンペプチドクチンありますこれらはウィルス表面たんぱく質取り出したもので副作用がない反面免疫長続きしない短所がありますインフルエンザ予防には有効ですので健康維持のためワクチン摂取検討しましょう


18世紀,世紀
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

(118世紀,世紀
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2ウイルスと感染のしくみ(目次)
生田哲, ウイルスと感染のしくみ, 日本実業出版社, (1996).