HOME 教育状況公表 令和2年10月29日

スペースシャトル

1.

再利用可能なロケットほとんど真空近い熱圏飛行します液体ロケットエンジンその両脇の固体ロケットエンジンオービターおんぶした格好で打ち上げます軌道計算位置測定コンピュータ使われます大気圏再突入時は25高速度2000高温耐えるようにオービター羽には耐熱タイルられています1)耐熱タイルRCCHRSILRSIFRSIの種類あり羽のふちの部分に使われる耐熱タイルRCC強力カーボンカーボン1260℃以上に耐える炭素繊維使ったアブレーション材料毛利衛宇宙飛行士は宇宙でいろいろな実験しました2)3)

ノリタケの森,博物館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

イメージ炉,日本科学未来館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

(1ノリタケの森,博物館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(2宇宙飛行士毛利衛のエッセイ
毛利衛, 宇宙からの贈りもの, 岩波新書, (2001).
(3イメージ炉,日本科学未来館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).