HOME 教育状況公表 令和3年9月27日

粉砕

1.

固体液体気体分散しやすくするためなどの目的で固体表面積大きくするため摩擦衝撃などでにすることです安全のため試料衝撃によって爆発しないかどうか確認してから行ないます乳鉢やボールミルといった器具使います1)

関連講義粒体工学2)
関連書籍砕と混合3)
(1 > 化学工学(目次)
藤田重文, 東畑平一郎編, 化学工学, 東京化学同人, , (1963).
(2粉粒体工学,,etc,,
長谷川 政裕,シラバス-山形大学, (2011).
(3固体の取 > 粉砕と混合
川崎順二郎 種茂豊一, 化学工学, 実教出版, p.118, (2002).