⇒#3372

親水性

水和しやすい性質極性分子に多いコロイド表面が親水性だと親水コロイド形成します生体内の親水性のアミノ酸グリシンセリントレオニンシスティンアスパラギンアスパラギン酸リシングルタミングルタミン酸ヒスチジンアルギニンチロシンがあります親水性アミノ酸球状たんぱく質の外側の部分形成します洗濯使われる界面活性剤分子の内部に疎水性の部分と親水性の部分持っています

粉体表面の親水性疎水性の判別方法として気体吸着利用した比表面積の測定がありますつなわち水蒸気吸着は親水性の部分のみ窒素ガス吸着表面全体で起こるとして表面親水度計算します1)

2)



リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会, (2009).

(1 > 粉体の表面の性質
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(2リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会, (2009).