HOME 教育状況公表 令和3年9月17日

超ひも理論

1.

時間空間が連続である、すなわち無限に分割できて、大きさのないを構成できるという仮定をなくし、原子分子を構成する素粒子を驚くほど短い長さを持つひもとして記述しようとする理論。最近はM理論へと発展しています。