HOME 教育状況公表 本日

錯体化学反応

1.

錯体化学反応
錯体の安定度
硫酸銅の水溶液に過剰のアンモニア水を添加すると配位子が水からアンモニウムイオンに置き換わる。このとき配位子は一度に全部入れ替わるのだろうか? 生成した錯体を水溶液から取り出すにはどのようにすれば良いだろうか? 水溶液中の錯体の存在状態とその原因について解説する。
補足説明:「お天気猫」(尾形)
配位子置換反応・電子移動反応 ~錯体の合成~
硫酸銅の水溶液に過剰のアンモニア水を加えると瞬間的に青紫色に変化するが、ヘキサアクアクロム(Ⅲ)塩化物の水溶液に塩酸を加えた場合、徐々に緑色がかってくる。錯体の合成をするときにはどんな種類の反応機構があるかについて解説する。
補足説明:「配位子置換のトランス効果」(仁科)
錯体の分析 ~キレート滴定~
十円玉に醤油がこぼれたのを放置しておいた。後で洗うとその部分だけぴかぴかになっていた。食塩水に十円玉をつけてもこうはならない。でも化学調味料を添加すると青色の銅イオンの色が次第に濃くなっていく。そんなものを毎日食べていたら歯もぼろぼろになるのでは?最近シャンプーなどに使われるキレート化剤が河川や湖沼に沈殿して安定化している重金属を溶かし出して環境に影響を与えるのではと言われているがその真偽はいかに?キレート滴定の原理について実験例をあげて解説する。
補足説明:「錯体を使った分析法」(遠藤)