⇒#1990

電気泳動

コロイド粒子は正または負の電荷帯びておりコロイド溶液電極入れて直流電圧かけると方の電極へとコロイド粒子移動しますこれ電気泳動言います1)2)3)水酸化鉄のコロイド粒子正に帯電しているのでカソード移動しますプルシアンブルーコロイド粒子は負に帯電しているのでアノード移動しますDNA配列決定の分析法として有名です4)タンパク質ポリマーカルボキシル基アミノ基コロイド粒子帯電なるため溶媒あるいは分散媒のpHで平衡がずれると電気泳動の大きさも変わります

粒子のような固体ではなく液相で起きる場合は電気浸透言います

関連書籍
バイオエレクトロケミストリー5)
生物の研究法ほか6)
電解の化学7)
電極と電解液の界面8)

関連講義
ピカッとさいえんす,9)

ピカッと > ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).

(1 > 基礎的電気化学プロセス
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(2液体状態 > 液体の界面
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(3 > 溶液と電極の界面
喜多英明, 魚崎浩平著, 電気化学の基礎 : 電気化学を志す人へ, 技報堂出版, (1983).
(4 > 生物電気化学:生体機能をさぐる
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(5 > バイオエレクトロケミストリー
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(6 > 生物の研究法ほか
実教出版, サイエンスビュー生物総合資料, 実教出版, (2006).
(7電気化学 > 電解の化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(8電気化学 > 電気化学 > 電極と電解液の界面
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(9ピカッと > ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).