⇒#1887

対称

ひっくり返して重なること物理量ついて対称であるとはその物理量符号変えても成り立つということですたとえば熱力学での時間対して対称性は可逆性ということになります力学法則時間前後に対して対称であるのに熱力学法則現象進行が時間前後に対して非対称ですこれは種の矛盾といえますエントロピー増大するかどうかは問題ではなく時間前後に対して対称でないということが問題なのですまたパウリの原理では多電子系の波動関数電子交換関して逆対称であるといっています演算対称性調べる理論群論いいます結晶学などに応用されます1)

(1固体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (1981).