HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
情報処理概論 WebClass Google+ files syllabus 52227 C1 情報機器の準備

演算処理と数式処理〜微分方程式はコンピュータで解こう〜

電卓が無かった時代、そろばん名人は実務家としてもてはやされた。ワープロがなかった時代、祐筆は有能な事務方としてもてはやされた。いまだって暗算の名人も書の達人もすごいのだが、電卓とワープロが普及した現在、すごくない庶民だって仕事ができる。

コンピュータが数式を解けなかった時代、微分方程式を解けることはエンジニアの実力のステータスだった。いまだって微分方程式が解ければ、大学院の入学試験で有利であろう。でもコンピュータが数式を解ける現在、庶民だって微分方程式が解ける。

演算処理と数式処理

演算処理とは

演算 = ある何かと何かを数学的な処理をすること
情報技術基礎, pp.45-46, p.87

演算処理ソフトウェア

MATLAB, Mathematica, Scilab, Sagemath, Octave

Cleve Moler (クリーブ・モラー)

数値計算と数式処理

数式の表現

数式処理ソフトウェア

Computer algebra, コンピュータを用いて数式を記号的に処理するソフトウェア

Mathmatica, Symbolic Math Toolbox MuPAD for MATLAB, SageMath

Stephen Wolfram(スティーブン・ウルフラム)

アナログとデジタルの相互変換

高速フーリエ変換とその応用

演習:マセマティカの実習

協力:ウルフラムリサーチ

セミナー資料


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52227/52227_09.asp