HOME 教育状況公表 本日
⇒#9226@シラバス;

環境計測化学

2007-2-10 
http://syllabus-web.yamagata-u.ac.jp/2006/html/2006_05_53253.html


このシラバス8714 科目 として開講されています。


概要

 人の生産活動が地球全体にわたる物質循環のバランスくずし環境汚染が地球全体に拡大しているまた産業構造変革と発展は種々の化学物質生み出しその種類と使用量は増加の辿っているこれらの化学物質は人類にとって科学技術の進歩と生活の向上に大きく寄与しているが反面有害で危険なものも少なくないしたがってこれらの物質正確に計測する方法学び同時に環境保全のための方策考える

環境汚染環境破壊主体は化学物質見なせるこれらが環境の中どのように移動循環しているか調べるためにそれらの物質の計測法学びまた人への安全性や生態系への影響のついて化学の目通して理解し自然環境にやさしい化学生産目指す視点から講義する

 環境汚染環境破壊原因物質それらが環境与える影響について理解し環境基準値が規定されている化学物質の基本的な計測法の測定原理応用例学ぶさらに演習問題通して理解深める
 

;環境化学;計測化学;物質の安全性

 講義は教科書中心に行うが理解高めるためにOHP,VTRなど織り込んでいくまた毎回小テスト兼ねた演習問題ミニツペーパー解いてもらうさらに与えられた課題についてレポート提出予定している

1 環境計測化学でなに学ぶか
2 わが国における環境問題の歴史
3 環境保全に関する法律
4 環境における化学物質の挙動と問題点
5 環境の現状(とくに化学物質との関連)
6 環境汚染物質の測定法
1512回で656回で講義する

田中 船造浩庄野利之環境化学概論 [2]丸善(2006). 2,625

山形大学地球環境研究ブルーバクス検証ヒト招いた地球の危機講談社(1995). 780
合原 眞ら環境分析化学共出版(2004). 2,900
北野 及川紀久雄人間環境地球(3)共立出版(2000). 2,940

2004

環境化学1)


(1環境化学,化学系生物応用化学専修コース(Aコース),etc,(旧)工学部学科,山形大学
志田 惇一,シラバス-山形大学, (2007).

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=9226

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.