HOME 教育状況公表 本日
⇒#11262@シラバス;

電極操作の基礎とスラリーの調整

2012-4-9 
http://www.j-techno.co.jp/test/eisei_C.cgi?mode=sem&unit=2012040901


このシラバス10509 科目 として開講されています。


概要

電極操作の基礎とスラリー調整材料の分散と乾燥条件およびインピーダンス測定よる評価講座」仮称

2012   日(月) 10301730

①講師の言葉講義ポイントついて
本講義では電気化学の基礎知識とリチウムイオン次電池の構造リチウムイオン次電池電極作成のスラリーの調整分散乾燥と電池性能の関係交流インピーダンス法などの電気化学的測定法について平素に解説する

②受講対象
リチウムイオン次電池あるいはその部材や材料の評価としてへ交流インピーダンス適用するにあたって基礎知識得たい人

③受講者の受講に必要な予備知識
高校程度の物理化学数学

④受講で得られる修得知識
電気化学の基礎概念合材スラリー電池性能関係電気化学測定法の基礎知識
リチウムイオン次電池へ交流インピーダンス適用する際の注意点など


1.電極操作の基礎
1-1 電池の歴史と電池材料
1-2 リチウムイオン次電池の構造
1-3 電気化学要素アノードカソード電解質
1-4 電気伝導-電気の流れ方
1-5 電池の起電力-電極界面電極電位
1-6 電極反応と過電圧-電気分解反応と理論分解電圧-
1-7 電池エネルギー-電池容量とエネルギー密度
1-8 電池の内部抵抗と電圧降下-レート特性
1-9 電池の充電と放電-サイクル特性安全性信頼性
   
2.スラリーの調整材料の分散と乾燥条件
2-1 固体と粉体の粉砕と混合
2-2 活物質と炭素材料の接触と電池性能
2-3 材料混合の順序とバインダー選択と電池性能
2-4 炭素材料と分散剤バインダー電池性能
2-5 微粒子沈降法による分散性評価
2-6 ゼータ電位測定による分散性評価
2-7 インピーダンス測定による分散性評価
2-8 集電体へのバインダー関与と電池性能
2-9 粉体材料と集電体界面の密着性と内部抵抗
2-10 バインダーや分散剤が内部抵抗やサイクル特性に及ぼす影響
   
3.電気化学測定と交流インピーダンス
3-1 サイクリクボルタモグラム読む分解電圧
3-2 電流時間曲線読む漏れ電流
3-3 充放電曲線読む-電池の容量内部抵抗
3-4 ボーデプロ読む-周波数特性-
3-5 コールコールプロナイキストプロ読む-溶液抵抗重層容量-
3-6 ACボルタモグラム読む-反応電位-
3-7 波形の歪読む-高調波解析-
3-8 パルス応答ステ応答読む-非直線抵抗-
3-9 コンダクトメトリーによる炭素材料の分散性の評価
3-10 液晶使った炭素材料の表面活性の評価
3-11 表計算ソフトの活用

インピーダンス


関連講義
卒業研究-電気化学2004,インピーダンスセミナー1)
卒業研究-電気化学2004,交流インピーダンス2)
エネルギー変換化学特論,電池評価法~交流インピーダンス法~3)
リチウムイオン次電池用スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,セミナー20125)



結果と考 > 招待講演 > インピーダンスセミナー,招待講演、セミナーなど
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 測定と評 > 交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

エネルギ > 【201 > 電池の評価法~交流インピーダンス法~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2012@C1,【2012年度(平成24)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

(1結果と考 > 招待講演 > インピーダンスセミナー,招待講演、セミナーなど
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(2実験方法 > 測定と評 > 交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(3エネルギ > 【201 > 電池の評価法~交流インピーダンス法~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(4リチウムイオン二次電池用スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2011).
(5緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2012@C1,【2012年度(平成24)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11262

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.