HOME 教育状況公表 本日
⇒#11249@シラバス;

リチウム電池の電極スラリー塗布と電池性能

2011-7-29  技術情報協会
http://www.gijutu.co.jp/doc/s_107253.htm


このシラバス10347 科目 として開講されています。


概要

  福田金属箔粉工業() 電解銅箔製造部 製造技術グループ マネージャー 河原 秀樹

日本ゼオン株式会社 機能性材料事業部 エナジー材料販売部 部長 脇坂 康尋

重大学大学院 工学研究 分子素材工学専攻 教授 博士工学 川口 正美

山形大学理工学研究科 准教授 博士工学  立花 和宏

兵庫県立大学 大学院工学研究 助教 博士工学 佐藤根 大士

  平成232813001615 2910301600
  [東京王子] 北とぴあ  805会議

●講習会電池性能向上のためのリチウムイオン電池
       電極スラリーの調整塗布乾燥の最適化 (仮題)

テーマリチウム電池の電極スラリー塗布電池性能

●時間90質疑応答含む

●講師予定

リチウムイオン電池の用途拡大に伴いその電極製造技術について再検討されているリチウムイオン電池電極動作原理種々の構成材料の機能概説するとともに塗布乾燥伴う要素技術が電池性能にどのようにかかわるか解説する

1 リチウムイオン次電池の電極構造とその動作
1-1 電池の基本とその原理
1-2 リチウム電池電極内部の電気の流れ
1-3 活物質集電体導電助材電解液の役割1)
1-4 内部抵抗サイクル特性2)
1-5 電池材料粉体特性と電極性能の関係3)

2 電極スラリーの調整と評価
2-1 活物質表面への溶媒吸着とスラリー中での分散性能4)
2-2 炭素導電助材への溶媒吸着とスラリー中での分散性能5)
2-3 交流インピーダンス法によるスラリー分散状態の解析6)7)
2-4 交流インピーダンス法によるスラリー乾燥過程の導電ーク解析8)
2-5 XRDによるスラリー乾燥過程における導電助材の状態解析9)

3 塗布乾燥後の電極性能
3-1 粉体材料へのバインダー被覆電池性能10)11)
3-2 材料混合の順序とバインダー選択と電池性能12)
3-3 集電体へのバインダー関与と電池性能13)
3-4 粉体材料と集電体界面の密着性と内部抵抗14)
3-5 バインダーや分散剤が内部抵抗やサイクル特性に及ぼす影響15)16)


関連講義卒業研究-電気化学2004,セミナー201117)
動画18)
ピカッとさいえんす湿度と乾燥
http://c1.yz.yam…



リチウム二次電池における正極集電体アルミニウム酸化皮膜の電子伝導性と炭素の機能
○立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

インピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価
○佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).

バインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係
立花 和宏 , ○柳沼 雅章 , 仁科 辰夫 , 長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).

炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).

リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集, 1M28 p.218 (2007).

リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

有機エネルギーデバイス集電体界面接触抵抗に及ぼすバインダの等電点の効果
○中井大輔, 立花和宏, 仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜の漏れ電流
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2011@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

ピカッと > 湿度と除湿・乾燥,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

(1リチウム二次電池における正極集電体アルミニウム酸化皮膜の電子伝導性と炭素の機能
○立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).
(2リチウムイオン二次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果
渡邉 貴太, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
(3正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(4液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(5液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析
森田 茉季, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
(6インピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価
○佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).
(7バインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係
立花 和宏 , ○柳沼 雅章 , 仁科 辰夫 , 長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).
(8リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).
(9リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).
(10炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).
(11リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集, 1M28 p.218 (2007).
(12リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(13有機エネルギーデバイス集電体界面接触抵抗に及ぼすバインダの等電点の効果
○中井大輔, 立花和宏, 仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(14リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(15リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(16リチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜の漏れ電流
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).
(17緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2011@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(18ピカッと > 湿度と除湿・乾燥,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11249

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.