🏠
🌡️ 📆 令和6年5月29日
⇒#11215@シラバス;

🏫 リチウム電池のアルミニウム集電体について

2010-9-10  神戸製鋼
http://syllabus-web.yamagata-u.ac.jp/2006/html/2006_05_10002.html


このシラバスは 1 の 科目 として開講されています。


✍演習・💯報告書・申請

追加

関連URL


概要

リチウム電池のアルミニウム集電体について

アルミ電解コンデンサと有機電解液
リチウムイオン二次電池での集電体の役割
不働態化に及ぼす種々の因子
ブレークダウン電位とリーク電流
絶縁皮膜から導体へ-炭素材料の接触-
接触抵抗と電池性能
集電体と合材スラリーの密着性-なぜくっついていられるのか?-

【関連講義】
山形大学工学部,秦逸三教授記念展示室1)認定化学遺産第005号2)。
エネルギー変換化学特論,金属材料~リチウム電池のアルミ集電体の働き~3)
卒業研究(C1-電気化学2004~),アルミニウム集電体4)
リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム,リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム5)
リチウムイオン二次電池の正極集電体6)

【講演】アルミニウム集電体について@兵庫県神戸市7)



米沢キャ > æ—§ç±³æ²¢é«˜ > ï¼’F展示 > ç§¦é€¸ä¸‰æ•™æŽˆè¨˜å¿µå±•ç¤ºå®¤,2F展示室
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

エネルギ > ã€ï¼’01 > é‡‘属材料~負極活物質と集電体の働き~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›†é›»ä½“( > ã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ é›†é›»ä½“,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ãŠã‚ˆã³ï¼¥ï¼¤ï¼¬ï¼£ã®ãŸã‚ã®é›†é›»æ¥µã¨ã—てのアルミニウム,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池お, 講義ノート, (2004).

【講演】アルミニウム集電体について@兵庫県神戸市
立花 å’Œå®, 研究ノート, (2010).

(1米沢キャ > æ—§ç±³æ²¢é«˜ > ï¼’F展示 > ç§¦é€¸ä¸‰æ•™æŽˆè¨˜å¿µå±•ç¤ºå®¤,2F展示室
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).
(2ビスコース法レーヨン工業の発祥

田島慶三, 化学と工業,63,564(2010).
(3エネルギ > ã€ï¼’01 > é‡‘属材料~負極活物質と集電体の働き~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(4実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›†é›»ä½“( > ã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ é›†é›»ä½“,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(5 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ãŠã‚ˆã³ï¼¥ï¼¤ï¼¬ï¼£ã®ãŸã‚ã®é›†é›»æ¥µã¨ã—てのアルミニウム,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池お, 講義ノート, (2004).
(6リチウムイオン二次電池の正極集電体,,etc,,
立花 和宏,シラバス-, (2013).
(7【講演】アルミニウム集電体について@兵庫県神戸市
立花 å’Œå®, 研究ノート, (2010).


参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11215
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.