HOME 教育状況公表 本日
⇒#11205@シラバス;

リチウムイオン電池技術者のための電気化学の基礎と重要なポイント

2010-7-20  情報機構
http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC100722.php


このシラバス10313 科目 として開講されています。


概要

リチウムイオン電池技術者のための電気化学の基礎と重要なポイント

主催株式会社 情報機構
日程平成22712日~30日の期間内にて平日
時間10301630 (目安として講義90×3コマ + 休憩質疑応答
会場 [東京大井町]きゅりあん5階第4講習室

電気化学

ファラデーの法則
電池の起電力
分解電圧

電池の仕組み
電池製造工程化学工学
リチウム電池の特徴

電流電位曲線
充放電曲線S字曲線とL字曲線
コールコールプロ

物理量
起電力1)分解電圧2)

関連書籍
図解電池のはなし目次3)

関連講義
リチウム電池に関する研究4)
卒業研究-電気化学2004,セミナー20105)
無機分析化学応用実験,分解電圧 ~速度論的取り扱い6)
卒業研究-電気化学2004,最新リチウムイオン次電池20087)
リチウム電池に関する研究8)



緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2010@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

特になし > 電池の起 > 分解電圧 ~速度論的取り扱い,電池の起電力と分解電圧
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > 最新リチウムイオン二次電池(2008),刊行物@C1(2008◆H20)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1起電力 E / V.
(2分解電圧 V / V.
(3 > 【図解】電池のはなし(目次)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, , (1996).
(4リチウム電池に関する研究プロジェクト.
(5緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2010@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(6特になし > 電池の起 > 分解電圧 ~速度論的取り扱い,電池の起電力と分解電圧
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).
(7結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > 最新リチウムイオン二次電池(2008),刊行物@C1(2008◆H20)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(8リチウム電池に関する研究プロジェクト.

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11205

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.