HOME 教育状況公表 本日
⇒#11148@シラバス;

創成化学演習

2008-10-1 
http://campus3.kj.yamagata-u.ac.jp/syllabus/2011/html/05_52204.html


このシラバス5002 科目 として開講されています。


概要

創成化学演習では大気中のCO2低減手法の提案というテーマに取り組んでもらいます炭酸ガスの排出抑制技術ではなく大気中の炭酸ガス固定化のための化学技術考えてもらいます最初からこのテーマだけでは戸惑うと思われるのでいくつかのサブテーマに従って調査と考察進めていき最終的に大気中のCO2の低減手法提案してもらうことにします

進め方最後のプレゼンテーション除き基本的に各個人の作業とする毎回の講義では課題およびその概要分間説明しあとは各人の自由作業とする翌週にレポート提出する

プレゼンテーション最後の使ってグループプレゼンテーション行い学科教員による評価行うなおプレゼンテーションPowerPoint使ってポスター作成しポスターセション形式とするグループ学科教員研究室割り振って資料作成の具体的な指導行ってもらうグループ名前後としてそのグループ分けはそのときに発表する
※この部分については暫定的であり変更することもある

注意事項創成化学演習必修科目なので必ず単位修得すること実験などと取り扱いは同等であり皆出席とレポート全提出単位取得の条件とするまた毎週のレポート関しては出来るだけ多くの項目盛り込んできちんと書いてあることで高い評価が得られるものとするレポートはワープロ使用推奨するが手書きでも構わない大きさはA4版とする各週ごとに指定の表紙配付するのでそれ使うこと


スケジュール毎週月曜日のコマ中示A教室
14 ガイダンス中示A
21 課題
28 休講
12 課題
19 課題
26 課題
  課題
  課題
16 プレゼンテーション資料作成
23 プレゼンテーション資料作成
30 プレゼンテーション
  プレゼンテーション
14 予備日
25月曜日の講義日予備日

課題サブテーマは以下のようにする各課題の詳細は講義の時に説明する

課題CO2の物理化学的性質について調査する
課題CO2の排出源とその排出量の算出方法など調査する
課題大気中のCO2自然界における固定化の経路調べる
課題大気中に排出されたCO2循環経路について調べる

 以上の?の課題の内容踏まえた上で

課題大気中のCO2低減させるための手法提案する

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11148

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.