HOME 教育状況公表 本日
files
01-01.csv
/developer/TestData/01-01.csv
/developer/TestData/
D:\share6\www\developer\TestData\01-01.csv
csv
D:\share6\www\developer\TestData\01-01.csv
レポート/記述式問題の採点
2017-02-05 14:43:51
01 ワカメスープ
contents_id28bc38f1483625a70baae3c4576b31a2
氏名学生番号Q.Noreport/answercorrected_fileDATE成績点数
史 曼玉165860131Green vegetables are squeezed juice and add it to the seaweed soup2016-11-09 20:26:31.82-0
鈴木  崇広145120371見栄えが良い方が売れるので禁じられていない範囲で着色するのはよいと思う2016-10-31 11:08:54.33-0
中里  直樹155120601この場合は生鮮食料品の着色は禁止されているのであって、その加工品への着色の場合は特に明記されてはいないので、着色はされていても大丈夫だが着色料を使う分、生鮮食品より安全の信頼性が失われるため使わないほうが望ましい。2016-10-18 00:01:05.46-0
村形  祥太郎155120761ワカメスープのスープに着色料を使用することに問題はないと考える。
 ワカメの着色料使用が禁じられているのは生鮮食料品の鮮度を偽装するために着色されることを防ぐためであり、スープに着色することではワカメの色を変えることは出来ないこととスープは生鮮食料品ではないことをふまえるとスープの着色が容認されている今の状況は倫理的に妥当である。"2016-10-17 22:47:56.75-0
佐々木  大輝155120361スープに着色するのは、ワカメの質を落としてより美味しくみせるということが可能となりうるので良くないと考える。2016-10-17 14:18:26.75-0
藤岡  凜太郎155120681生鮮食品の着色が禁止されているのであって、スープは生鮮食品ではないので、着色しても問題ない2016-10-17 12:01:34.97-0
金  歩美155130241生鮮食料品への着色が禁止されているのは鮮度の偽装を防止するためであるから、鮮度の関係ないスープへの着色は問題ないと考えました。しかし着色している旨を一目見てすぐにわかるよう表示してほしいとも思いました。2016-10-17 11:58:39.88-0
長根  貴之105130451生鮮食料品の着色はその食料品の鮮度や品質を偽ることになるため禁止されているが、加工食品であるワカメスープは着色することによって消費者が鮮度や品質を偽られることにはならないためワカメスープの着色は問題ないと考えられる。2016-10-17 11:53:04.26-0
渡邉  甲斐155120811倫理、という観点から見るとするなら、これが悪か善かによって判断すべきであり、人としてどうかという判断を見るしかない。ごまかし(裏に書いておけば一応の法の遵守はとれている)という点では人間の判断を損なう重大な行為である。ただ、人間が世界に生きている以上金銭の取得は人間として欠かせないものであり、これを絶対悪として判断するのは一方的な判断である。よって、倫理的な観点から見れば悪として判断できる、という結論にとどめておく。2016-10-17 11:53:03.57-0
澁谷  麻友155130331スープの着色には、カラメル色素が使われている。
この色素がワカメを着色しなければよいのではないか。ただし、スープが着色してあることが少しわかりづらいため、安心である旨の表記と共に表などに色素使用と表記すべきだと思う。"2016-10-17 11:52:59.41-0
佐々木  美緒155130271着色しているのは生鮮食料品ではないスープなので、規定にも違反していないことから使用して良いと思います。商品をたくさん売るためには、スープに着色して美味しそうに見せることは重要であり、またカラメル色素はコーラなど幅広く使用されているので、パッケージに表示したうえであれば許されると思います。2016-10-17 11:52:00.41-0
進藤  康平155120451食品に色をつける目的で何かを混ぜることは、赤飯がそうであるように今に始まったことではなく古今東西の食文化にみられることだ。さらに、食品をより美味しそうに見えるように工夫することそれ自体は悪いことではないはすだ。しかし禁止されている生鮮食品のように消費者を騙すような結果になる場合はするべきでない。その着色料が健康に悪影響を及ぼす種類そして量であれば論外である。着色はあくまでも美味しくたべてもらうため(場合によっては宗教や文化的な目的)だけに限定し、消費者を欺き、さらに健康を損なうようなことがあってはならない。2016-10-17 11:51:42.19-0
木村  美智子155130171着色料の添加を原材料に明記すれば問題ないと考えた。「生鮮食料品」であるワカメ自体の着色は自然の色を誤魔化しているため禁止されていると考えるが、ワカメスープという「調理されたもの」は材料に何かしら手を加えたものであることが前提であるので、その旨を明記すれば良い。2016-10-17 11:51:22.42-0
長岡  敬太155130461生鮮食品を着色すると鮮度の状態が分からなくなるため着色してはならない。しかしスープの場合、熱を加えているためすぐに腐るものではなく、むしろ色を整えることで美味しそうに見せる効果もあるため認められているのだと思う。しかし、いくら美味しそうに見えるからといって、人体に悪影響を及ぼす物質を入れてはならないと思う。2016-10-17 11:50:27.98-0
岩永  猛志155120121ワカメスープのスープは生鮮食品ではないので、禁止されていません。
また、食品に着色を行うことに関しても、私は賛成したいと思います。
着色を行うことによって、食欲が増進したり、食べた際の満足度が大きくなるためです。
作物を収穫する際に、見た目の悪いものを廃棄するのと同じことではないでしょうか。"2016-10-17 11:50:13.59-0
松本  晶155130511あくまでワカメではなく、ワカメのスープであると考えると、この場合の議題として注目すべき点はワカメではなくスープの話であると考えられる。その点から見ると私個人としてはワカメスープへの着色は可だと考える。
そもそも着色料自体は食品添加物であるからにして、摂取した人に害を与えるようなものではない。食品の質を上げるものである。
昨今では食品添加物を健康面から忌避する人がいる。消費者として自分の口にするものを気にかける姿勢は正しいとは思うが、メディアなどに踊らされてる例も多い。
着色料の使用に対して倫理を問うようなこの状況を作り上げた世の中に問題があるようにも考えられる。"2016-10-17 11:50:00.23-0
今井  直人155120111ワカメそのものに着色しているわけではなく、生鮮食品ではないスープ(液体)に着色しているので問題は無いと考える。
安く手に入れることができて、誰でも美味しくいただけるわかめスープを提供するためには、必要なものであり、ちゃんと着色料の記載もされているのなら何も問題は無い。"2016-10-17 11:49:44.96-0
横田  さやか155130571スープは生鮮食料品ではないので、着色するのは悪いことではない。ただし、誤解を与えないためにも、ワカメではなくスープ自体に着色料を使用したことを目立つ場所に明記した方が良いと思う。2016-10-17 11:49:18.53-0
中村  駿冶155120621食べる上でおいしく感じ、かつ体に害が無ければ着色するのは問題ないが、裏面を見なければわからないというのはメーカー側が意図的に消費者にわからないようにしているようで、着色料を使うのであれば表面に堂々と記載してほしいです。
なぜなら、もしも私がそれを見付けたときにだまされたように感じてしまうからです。"2016-10-17 11:49:03.71-0
武笠  真澄155130541 なぜ、生鮮食品を着色してはいけないのか。東京都福祉保健局の『食品衛生の窓』と言うサイトでは、「生鮮食品の色は鮮度によって変化するが、着色すると変化せず、消費者に誤解を与えるため、禁止されている」とかかれてあった。
 私はスープの着色は許されると考える。何故ならば、スープは加工食品であり、色と鮮度の相関関係はないと思われるからである。"2016-10-17 11:48:57.27-0
島崎  俊季155120431 ワカメスープの見た目は消費者からしては気になると思う。しかし、見た目をよくするために人体にあまりよくないものは使ってほしくはないと思う。2016-10-17 11:48:55.6-0
高橋  安紀155130381着色料は確かに危険かもしれないが少量であれば問題は無いのではないかと思う。2016-10-17 11:48:55.01-0
田中  彩美155120531スープの着色は良いと思います。赤飯に食紅を使う地域もあります。これも結局は美味しく見せるためでもあると思います。色があったほうが美味しく見えるし、食欲をそそられると思います。不味そうに見えて体調不良になるなら、美味しく見せて健康でいたほうがいいと思います。ただし、体に害のないもの
であれば、という前提条件がありますが。"2016-10-17 11:48:44.8-0
伊藤  寛大155130021許される。肉やワカメの着色が禁じられているのは消費期限の偽装や鮮度が分からなくなることが問題であり、スープを着色しても鮮度をごまかすことに直結するわけではないと思うので、人体や味に影響が出ない範囲であれば着色料を使用してもいいと思う。2016-10-17 11:48:34.73-0
風間  瑞生155130131わかめスープのスープの顆粒自体に着色料を離れることは問題ないと考える。
なぜなら、生鮮食品と区別するためにわかめに着色することは禁じられているが、スープの顆粒に着色料を混ぜることは禁じられていないからだ。また食品成分表に明記されているのなら食品衛生法にも違反していない。しかしより良い方法をとるのならわかめスープのパッケージに但し書としてわかめスープの緑色はわかめ由来のものではないことを書いておくことがよいのではないかと考える。"2016-10-17 11:48:33.72-0
浅黄  恵里奈155130011スープは生鮮食品ではないので着色することに問題はないことだと思う。しかし、消費者が商品を手に取った際に「製品に着色料が含まれている」とすぐにわかるように明記することが求められると思う。食品添加物の表示はJAS法で定められている。2016-10-17 11:48:00.51-0
沢上  礼佳155130311ワカメスープの着色は許容されると思う。
なぜなら、消費者にとって無色透明のスープよりも
着色された黄色いスープの方がおいしそうに
見え、また、裏面にきちんと表記もされているからだ。"2016-10-17 11:47:49.77-0
鈴木  麻友155120491着色料には発癌性があるものものも多く、生鮮食品でなくても着色料は使うべきでないと思った。わかめスープで使われるカラメル色素もインターネットで検索したところ、発癌性があるとの記載があった。見た目も大切だが、食品は人体に害を加えるべきでないと思った。2016-10-17 11:47:45.56-0
中村  天彰155120611ワカメスープは生鮮食品ではないので着色してもよい
要するに着色料というのは塩等の調味料と変わらないのです
塩をつけた野菜は生鮮食品食品ではなく漬物になります
着色料をつけた野菜は生鮮食品では無くなるので生鮮食品として売ると、それは詐欺になります
ではワカメスープについて考えて見ます
スープに塩を加えてもそれはスープのままです
スープに着色料を加えてもそれはスープです
つまりワカメスープに着色料を入れる入れないというのは塩をスープに入れるか入れないかと同等に考える事が出来ます
よってワカメスープに着色料を入れても問題はないと考えます

Type Ver.1.03
[utf-8] [shift_jis]

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/type.asp?url=%2Fdeveloper%2FTestData%2F01-01.csv

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.