HOME 教育状況公表 本日
files
https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Syllabus/LectureHistoryEntryQR.aspx
/developer/課題フォルダ作成ツールの使い方.txt
/developer/
D:\share6\www\developer\課題フォルダ作成ツールの使い方.txt
txt

課題フォルダ作成ツールの使い方

ver. 0.2

○課題の作成

 現在,ホームページからの課題登録システムは開発中です.

 おまちください.

 とりあえず,SQLサーバのYouzan2003のデータベース内のtblEduTitleテーブルに

 課題を追加して,課題番号(id)を発行する

○受講生向け課題へのエントリー

 下記のURLにアクセスして,課題番号,学生番号,表示された学生番号のn番目の文字を

 入力して,課題登録ボタンをクリックまたはタップします.QRコードの作成は準備中です.

 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Syllabus/LectureHistoryEntryQR.aspx

○講義で課題を提出させたいフォルダを作成する.

○課題フォルダ自動作成ツールのコピー

 \\yzdn\dfs\share6\www\developerのフォルダから,

 [MakeLectureEntry.vbs - ショートカット]を

 課題を提出させたいフォルダにする.

○ツールの実行

 講義で課題を提出させたいフォルダ内で,課題フォルダ自動作成ツールである

 [MakeLectureEntry.vbs - ショートカット]を実行しください.

課題番号の入力が求められますので,課題番号を入力してください.

○結果

ツールを実行すると課題提出用のフォルダーが自動的に作成されます.

フォルダの権限は,課題を提出させたいフォルダの権限に加えて,受講生にフルコントロールが与えられます.また,該当フォルダ内に[KadaiEntry.csv]という課題登録した受講生と公開URLがリストになったcsvファイルが作成されます.


Type Ver.1.03
[utf-8] [shift_jis]

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/type.asp?url=%2Fdeveloper%2F%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%80%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9.txt

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.