ブリッジ

名称 ブリッジ
展示品ID 5976
型番 Allied Telesis CentreCOM 2900
価格 不明
使用年 1991~1994 年
消費電力 不明
説明

ブリッジーク中のデータMACアドレス見て,行き先振り分けてくれる機器(パケの交通整理).ブリッジの主な目的は,あるークから別のークパケ流す必要がない場合に,それ阻止し,ーク内のパフォーマンス向上させること.「橋渡しくらいのニュアンスで解釈して下さい.この時代はファイル共有目的でLAN使うことが多くTCP/IP, IPX/SPX(NetWare), AppleTalk(Macintosh), NetBIOSがファイル共有プロトコルして存在するTCP/IP以外でもゲートウェイ(ルータ)の導入はできるが当時はブリッジも高価な時代ルータ導入なんてありえあい無駄なパケ通さないブリッジ導入できるだけもうれしい限りである電源仕様100Vac,5A 500VAであった








Chromeで印刷するときに,A6用紙に,余白7mm,倍率90%で印刷するとT型カードスタンドL-4(14.8x10.5)に収まります. 戻る