HOME 教育状況公表 令和3年9月26日
⇒#859@文献;

二酸化マンガンのインピーダンス測定システムの開発

立花和宏、仁科辰夫、松木健三

コメント

Sources,74,29(1998)について報告し電流規制による電解酸化マンガン放電時の交流インピーダンス測定法開発したその結果電解酸化マンガンが放電しきると電荷移動律速から拡散律速へと急激に変化することがわかった 【関連講…と述べている1)

関連講義卒業研究-電気化学2004,1998年度平成10卒業研究2)

緒言(C > C1履歴 > 【1998年度(平成10)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

(1Development of In situ a.c.impedance measuremet system under constant-current conditions and its application to galvanostatic discharge of electrolytic manganese dioxide in alkaline solution
K.Tachibana and K.Matsuki, Journal of Power Sources, Vol.74, N., pp.29-33, (1998).
(2緒言(C > C1履歴 > 【1998年度(平成10)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

引用箇所

出典:二酸化マンガンのインピーダンス測定システムの開発

引用元

<!-- 論文 論文 論文 論文 論文 二酸化マンガンのインピーダンス測定システムの開発  -->
<ul>
<li>
<article>
立花和宏、仁科辰夫、松木健三. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=859'> <q><cite> 二酸化マンガンのインピーダンス測定システムの開発 </q></cite> </a>.
.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 論文 論文 論文 論文 論文 二酸化マンガンのインピーダンス測定システムの開発  -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=859

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
0238-26-3573

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.