コールコールプロット

165017001750180018501900195020002050600500400300200 電気抵抗 R / Ω リアクタンス X / Ω
コールコールプロット
項目 物理量
横軸電気抵抗
縦軸リアクタンス
傾き
切片
面積
パラメータ周波数
ノルムインピーダンス

周波数 f 〔Hz変えてインピーダンス Z 〔Ω測定1)実部電気抵抗 R 〔Ωと虚部リアクタンス X 〔Ω複素平面にプロしたグラフすることで電極界面反応解析します

電気化学の交流インピーダンス法として知られています等価回路モデル必要です

コールコールプロットの解説図2)

プロ

ナイキストプロット3)

ボーデプロ位相ボード(Bode)プロット(位相差)4)

ボーデプロ減衰定数ボード(Bode)プロット(減衰定数)5)

 コールコールプロットの例

物理量

位相差 φ 〔rad

関連講義

卒業研究-電気化学2004,交流インピーダンス6)

リチウムイオン電池技術者のための電気化学の基礎と重要なポイント,7)

エネルギー変換化学特論,電池評価法~交流インピーダンス法~8)

関連書籍

9)



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/PlotType/@PlotType.asp?id=7

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.