電圧位相差

165017001750180018501900195020002050600500400300200 電圧 V / V 位相差 φ / rad
電圧位相差
項目 物理量
横軸電圧 V /V
縦軸 位相差 φ /rad
傾き
切片
面積
パラメータ
ノルム
サイクリクボルタモグラム1)電圧アドミタンス2)と併用します

○森田茉季,…らは2009年に日本大学工学部福島県郡山市田村徳定字中河原1開催された平成21年度 化学系学協会東北大会において液晶プローブしたリチウムイオン次電池 正極合材分散状態の評価について報告している3)

立花和宏…らは2007年に特許出願2007239251液晶物性評価装置ついて報告し特許出願2007239251液晶物性評価装置 課題本発明は印加電圧よる分子の並びの変化簡便に測定する装置提供すること目的する解決手段枚の対向する電極有しその…と述べている4)

物理量
インピーダンス5)電気抵抗6)リアクタンス7)アドミタンス8)コンダクタンス9)サセプタンス10)

インピーダンス測定11)
関連講義卒業研究-電気化学2004,交流インピーダンス12)


液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

実験方法 > 測定と評 > 交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1サイクリックボルタモグラム,電位,電流, (プロット).
(2電圧アドミタンス,電圧,アドミッタンス, (プロット).
(3液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(4特許出願2007-239251:液晶物性評価装置
立花和宏, 特許出願2007-239251, (2007).
(5インピーダンス(Impedance [オーム].
(6電気抵抗(resistance [オーム].
(7リアクタンス( [オーム].
(8アドミッタンス( [ジーメンス].
(9コンダクタンス(conductance [ジーメンス].
(10サセプタンス( [ジーメンス].
(11 > インピーダンス測定
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(12実験方法 > 測定と評 > 交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/PlotType/@PlotType.asp?id=56


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.