HOME 教育状況公表 令和4年8月8日
⇒#6608@業績;

調音速度・発話単位長を2要因とした英語教材のリスナビリティ公式の研究,

調音速度・発話単位長を2要因とした英語教材のリスナビリティ公式の研究,研究成果報告書,(1997)
, 科学研究費補助金基盤研究(C)(2) 研究成果報告書 ,



<!-- 論文、特許、論文、特許 -->
<ul>
<li>
<article>
. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Achievement.asp?nAchievementID=6608'> <q><cite> 調音速度・発話単位長を2要因とした英語教材のリスナビリティ公式の研究, </q></cite> </a>.
, . 1997.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 論文、特許、論文、特許 -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Achievement.asp?nAchievementID=6608


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.