HOME 教育状況公表 本日

ニトロキシルラジカル

1.

窒素原子1)中心ラジカルとしたラジカルである
電子スピン共鳴(ESR)計測においては窒素核スピン量子数である(I=1)によって本線の超微細構造示す
主な試薬TEMPOL2)4-ヒドロキシ-2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシル3))や3-Carbamoyl-PROXYL4)(3-Carbamoyl-2,2,5,5-tetramethyl-3-pyrrolin-1-yloxy5))ある

ニトロキシドラジカルとも呼ばれており現在命名法については議論されている

石~佑は2012年にそれまでの研究ビタミンE投与の運動負荷におけるレドクスバランスのin vivo ESR計測というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した6)

(1窒素NitrogenN, (元素).
(24-ヒド > 4-ヒドロキシ-2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシル
4-ヒドロキシ-2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシル4-Hydroxy-2,2,6,6-tetramethyl-1-piperidin-1-yloxy, (材料).
(34-ヒドロキシ-2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシル4-Hydroxy-2,2,6,6-tetramethyl-4-piperidine-1-oxylC9H18NO2, = 172.24742 g/mol, (化学種).
(4@ > 3-Carbamoyl-PROXYL
3-Carbamoyl-PROXYL, (材料).
(53-Carbamoyl-2,2,5,5-tetramethyl-3-pyrrolin-1-yloxy3-Carbamoyl-2,2,5,5-tetramethyl-3-pyrrolin-1-yloxyC9H17N2O2, = 185.24618 g/mol, (化学種).
(6ビタミンE投与ラットの運動負荷におけるレドックスバランスのin vivo ESR計測
石川 幸佑, 修士論文, (2012).