HOME 教育状況公表 令和3年5月11日
‹ZpŽÒ—Ï— WebClass Google+ files Syllabus 57420 57470 C1 ‹ZpŽÒ—Ï—FDDT


‚±‚Ì”_–ò‚ÌŠJ”­‚Ń}ƒ‰ƒŠƒAŠ´õ‚ð–h‚¬ƒm[ƒxƒ‹Ü‚ð‚Æ‚Á‚½‚ªAŠÂ‹«‰˜õ‚̉˜–¼‚ð‚«‚¹‚ç‚êA‚»‚ÌŒãAÄ•]‰¿‚Å”­‚ª‚ñ«‚ª‚È‚¢‚±‚Æ‚ª‚í‚©‚Á‚½‚Æ‚«‚É‚Í ‹t‚Ƀ}ƒ‰ƒŠƒAŠ´õ‚Í‘‚¦‚Ä‚¢‚½B‚ ‚È‚½‚ª”_–òŠJ”­‚ÉŒg‚í‚é‚Æ‚«‚Ç‚ñ‚È‚±‚Æ‚ð‚µ‚È‚¯‚ê‚΂Ȃè‚Ü‚¹‚ñ‚©H







report/answer


I must not use DDT. I will develop environmentall friendly pesticides, effective protection of useful organisms and control of harmful organisms.


対農産物、人物、環境についてあらかじめ調査を行い、データを公開する。


環境汚染に影響するか否かを検証し、吟味した上で、その有効性と環境に対する無害性をうったえる。


人体・環境など考えられる悪影響を全てあげ、それぞれに充分な臨床試験を行うべきである。


農薬を開発した際、しっかりデメリットがないかを確認してから世に出す。


十分に経過をとって人間や地球に悪影響が出ないか調査する。経過を取る時間が少ない場合でも多種多様の植物を対して影響の調査は行うべきだろう。


最高権威であるノーベル賞に選ばれたほどの開発であるから、安全性についての考慮も必ずされていたと考えられる。それに反して、後々ありもしない汚名を着せられたという事実は不運でしかなく、精一杯の努力をした開発側の責任はない。


この農薬の開発がマラリア感染を防ぐことに役立っていることには変わりなく、社会的評価よりも社会に対する貢献度に着目すべきだと思いました。
ただ、今回の件に関しては発ガン性の無さをあらかじめ調べておけば防げたことだと思うので、マラリアだけでなくもっと広い視野で開発するべきだったのだと思います。


何回も他の人にも確認してもらったから農薬を人に実験させる。


出来る限り人体や環境に及ぼす影響を調べて、十分な安全性が確認された場合のみ発表する。


環境汚染などの問題があるかの確認をするための実験を重ね、危険性がないことをしっかり証明する。


農薬が安全で効果があるという証拠を世間に示して認められてから農薬を使用する。


マラリア感染にあるようにデング熱やエボラ出血熱のように蚊を媒介とした感染症の問題がある。農薬開発には人間だけではなく動物にも配慮した開発が重要である。きちんと動物に実験をし、害がないか(または少ないか)をきちんとみたうえで開発すべきである


その当時の時代背景だけを配慮するだけではなく未来の時代背景を予測し開発に望む必要性がある。


人体への影響を発見するには長い時間が必要であり、自然への影響についても多くのデータを用いて検証する必要があるため、頑張って調査を行う。


あらゆる影響を考慮する


完全な評価を初めからしておくべきである。
開発したあとしっかりとした環境に対するリスクがあるのかを試験しなかったのが今回の汚名に繋がったと考えられる。
農薬と言うのは名前の通り薬の文字が入ってることを踏まえて最終試験をするべきだ。
人体投与でなくてもおおきな影響を与えかねないのが薬である。
そのリスクを考えた開発と消費者の信頼を得れるような試験結果を用意するべきである。


農薬を開発するにあたって、環境面、安全性、機能性、病原性など、様々な角度からの事実確認をしなければならない。


いろいろ色々から安全を考慮してから発売する。


効果とリスクを世に出す前に十分確認してそれが世間に周知されるようにする。その上で安全で効果的な利用法を提案し、作ったら作りっぱなしにならないよう追跡調査も怠らない。


環境問題を考えるようになったのは最近のことであり、それを考えるきっかけになったのだから、責任を開発者に丸投げにするのはいかんと思う。
その事例を活かして、環境を破壊するような農薬を作るののではなく、人がマラリアの耐性を得られるような薬を作るべきではないかと思う。


完成した農薬の環境評価をする必要がある


マラリアの感染を予防する手段を発見したことは、世界に対して大きな利益をもたらしたので素晴らしいことだと思う。しかし薬品を使用することのリスクをしっかり考えなければならなかったと思う。自分が開発するときには、その薬の効果だけでなく、リスクもしっかり考えて開発したい。


1つのものに対して効果があっても他の部分で害があるかもしれないと常に頭において開発しなければならない。しかし絶対それだけに効くというものは作れないだろうから人体に影響のない程度の副作用はあってもしょうがないと思う。


開発するときにはあることにとても優れていてもそのせいでほかのことに影響を及ぼすかもしれないと言うことも考えなければならない。


発表前に環境汚染、発癌性などがないかを複数回に渡り第三者機関も交えて評価し、そのようなリスクがないことが確認出来た上で、開発に関わる情報を公開する。


完全に虫を殺そうとするのではなく、多少効能が劣っても環境に害のない成分を開発しなければならない。
また、その農薬が人体に取り込まれたとしても無害であることが重要であるため、実験を重ねより安全な農薬を開発する必要がある。


考えられるリスクを徹底的に調べあげ、一つ一つを完全にないと言い切れるまで売り出さない。多くの人に意見をもらう。今までの事例を調べる。


化学的に立証する。
そして明確化する


特定のものに効果がある農薬でも、それ以外のものに影響がないかを考えるべきだと思った。


農薬の開発を発表する前にいろいろな問題が起こることを想定し、完全に対処したあとに発表をする。


人間だけでなく環境にも害はないのかを専門家を加えてよく調べてから開発していく。
開発してからも本当に害はないのかよく調べる。


人体に影響がないか研究してから使う。
本来の植物に影響がないか調べる。


開発段階で自分だけでなく他者に公開してその分野の専門家に発がん性がないか、環境汚染の被害がないかなど調査して確かめてもらうべきだと思う。


人や環境に与えるリスクを長期的な目で評価しなければならない。


その農薬のデメリットメリット本当に体に害はないのか徹底的に調べ上げる


発表する前にいろんな角度から検証をして、
汚名を着せられる理由を作らないように細かいところまで調べる。


どんなに良い農薬が開発できたとしても、すぐに発表するのではなく、安全性を確認してから発表するべきだと思う。


環境、人体などあらゆる分野での可能性を考えて農薬開発しなければならない。


目的とする病気の解消のことだけでなく、含まれている成分の他の影響も考える。


その農薬の良い部分のアピールをするだけでなく、周囲に疑われる可能性のある危険を最初から危険ではないと証明しておく。


農薬開発の際に何度も人や環境への影響も調査しつくし、ノーベル賞までとった人が、蔑まれ、また評価されるという下げられたら持ち上げられたりと、されたことは気の毒と思った。批判的意見を述べる時は、調べつくし、仮説ではなく確実性を高めたものであるべきだと思う。


商品の品質の評価もしっかりとして、誤解がないようにしないといけない。


DDTがなぜ使われるようになったのか、このことを忘れて無闇にそのような製品を禁止することは、簡単に言えば愚かである。ひとつの問題にしか目を向けていなかったために、別の所で悪い影響がでるという状況は、なるべく避けるべき事だ。


汚名をきせられないくらい、正確な資料を作り理解してもらえるまで説明する。
汚名をきせられるのは十分な説明が足りないからだと考える。


自分が偉大な発明をしたと思っていたが環境に悪影響を及ぼすことがわかったら自分を責めてしまうので新しい薬の毒性などを事前に調べる必要がある


まず、製品の効果について評価してそのあとに人体に関わる影響を第三者機関に依頼して調べてもらう


もし否定されてしまったら、その部分をしっかり解明、説明して、納得してもらう。
最終的に認めてもらえれば、亡くなってしまった後でもいいのではないか。


マラリア感染が再び起こってしまったので、他のことにも疑問をもって農業開発をしなければならないと思う。


確認の試験を何度も行い本当に効果があるのかしっかりと確かめる。


環境や人体に影響がないことを念入りに試験しておく


特定のウイルスなどに効果があるかだけでなく、身体や環境に影響がないかをしっかり調査する必要がある。


人間、動物、環境などに対する影響を調べ、農薬使用のメリットに対してデメリットが少なくなるように努力をする。


自分の作った農薬が環境に対して悪影響がないのかどうかを長い年月をかけて調査し、確実に影響がないとわかった上で発表するようにする。


まず、あらゆる場面でも何も悪い影響が出ないということを何度も検証し、本当に無害だと分かった時点で世の中に出すべきだと思う。


危険性や効果について考えうる限りの場合について考慮し、殺虫剤の性質を分析するほかにないとおもう。
ただ、このようなケースには、技術者には道徳的な責任が伴うが、道徳的な保護も伴うべきだと思う。


発がん性がないことをしっかりと発信する。


あらゆる面で欠点がないかどうかを徹底的に調べる。


農薬の主な効果と共に、副作用的にもたらされる効果についても調査し、根拠のある結果を示すことをしなければならないと考える。


開発する段階できちんと環境汚染防止や健康の基準を満たしているか試験を行い、きちんと承認を得て製品とする。


農薬が環境面や人体に与える影響をよく理解し研究する必要がある。いろいろな角度からその農薬を見る必要があると考える。


正直、人の命と自然環境を天秤にかける事がとても難しいので一概にどちらがいいかとは言えないがやはり薬品を開発するときにも環境アセスメントをする必要があると感じた。
優秀な薬品でも環境に取り返しのつかない影響与えては元も子もないと思う


その農薬の有効的な性質とその農薬によっての他への影響がないかしっかり確認してからその農薬を発売する。


農薬にどのような作用、副作用があるのかはっきりとさせる必要がある


人体や環境への長期的に見たときの安全性の確認が必要と考える。また複数人で複数回のチェックも行い絶対安全だと確信できるまで市場には出さない。


発表及び販売するまでにたくさんの試験と確認を行う。


理想は人にも自然にも無害なものだが、人が亡くなっているならそれを見過ごしは出来ない


人体だけでなく、環境に対する影響はないかも考える。しかし、私が開発するとしたら人の命を、最優先させたいと思う。もし、環境に悪影響を及ぼすとしたらそのための対策を練ってからその農薬を使用したい。


特定のウイルスや菌に効果があっても、他の病気や環境にリスクがないかを考慮しなければならない。


発売前に環境や人体に対しての影響をあらかじめ実験して調査しておく


その農薬が自然破壊をしないものであるという証明を国などにもらってから世間に広める。


農薬開発をした際、人体への影響、環境への影響を調査し、その後、専門知識を持つ他の人に再評価してもらう。


人体への病気への役立ちだけでなく、環境に配慮しているか十分な結果を示す。


人体や環境に害は無いのかを確信が持てるまで調査する。


はじめから新しい医薬品、物質を開発したさいには人体に影響がないことをのべた上で提案する必要があると考える。


環境や人体に副作用がないかどうか事前に考えられる可能性を潰しておく。


最初に安全性と引き起こすかもしれない危険について人々に示さないといけないと思った。
汚名を着せられてしまったが、発がん性がないことが判明したのら再び使用してほしい。


今の薬は幾何異性体の悪影響のない物質でも分別が徹底されているように、作られた薬の弊害・副作用をしっかり調べる


薬品を開発する前にさまざまな影響について考え、調査をする。リスクを考えて作る。


しっかりと最初の段階で評価や調査をされる必要があると思う。最初に評価や調査をしっかりされていればこんなことにならなかった。


目先のことにやっきになるのもいいが、先のことを考えて、ほんとに人や自然に無害であるのかということを研究することが大切だと考える。
農薬が安全だとか危険だとか、必ず誰かの運命を大きく変えてしまうので、慎重に発言するべきだ。


ある一方だけの面を見て評価するのではなく多方面から見て評価されるべき


環境への影響の度合いを証明してから開発したものの発表を行う。


強すぎる農薬を作ると、初めは害虫駆除に役立つかもしれないが害虫も体制ができてきて、さらに強い薬を作る…というループになる。だから強すぎる薬ではなくある程度弱める薬を作るように心がける。使用料を定めて使うように注意もしておく。


まず、環境に悪いと思われる製品は作らないこと。
倫理に反するという意見が出るかもしれないが、動物実験をして、本当に安全であることを確実にする。


農薬は人間に害をもたらすものだけに対して効果があり、食物に残る可能性があるので人間には害が少ないもしくはないものでないといけない。なので開発した薬を発表する際に人間への害がないことを同時に証明すべき。


発見だけでなくその評価を自分、またはほかの研究者を交えて研究してから売り出すべきだと思う。


薬品を発表する前に発がん性などがないかすべて調べるべき。


環境汚染が無いことを明確にレポートを作成する


沈黙の春から学ぶべき事は、無知は罪であるという事


発ガン性物質が含まれていないことを確認する


安全性を伝えることが出来る根拠を明確に提示する。


自身だけでなく、他の専門家にも精査をしてもらい、複数の無害という証明をとる。


開発する際に、環境への影響を考慮して開発する。ウェラーは多くの人を救うことができたので、したことは、悪くないと思う。


1人の著者による評価によりそれを悪だとされてしまうと言うと言うことはあまりにもおかしい。実際にノーベル賞財団では評価が受けられているのだから、他にも評価をしてくれる機関はいくつも存在するはずだ。所謂第三者機関に複数の評価依頼を出し、正当な評価により多角的に農薬の安全性の証明を受け、そのデータを開示すれば農薬を認証したくれる国は増える、周りの認識も変わると思う。


農薬を販売、実用化する前に安全性を
確認するテストを行い 、安全性を立証
してから、販売する。


そういった事がないように長いスパンでしっかりとした結果をもとにする。


自分だけで開発せずに他の分野の専門家等と協力して開発を行う。


汚染などのようなマイナス要素がないことをあらかじめ確かめ提示してから実用化する。


人体などに害がないかきっちり調べてから薬品を発表する


病気の感染を防ぐだけでなく、環境にも配慮しなければならない。また開発した農薬にはどんなリスクがあるのか、どんな使い方をすればいいのか調査を重ねなければならないと考える。そうでなければ、使用した人に危険が及んだり、場合によっては取り返しのつかない公害問題にもなりかねない。


人体に無害で環境にも影響がでないような、安心で安全である機能性の高いものを目指す。


農薬を開発する時には効果だけで満足しないで本当に副作用がないかを他の研究者にも厳密にチェックし、大丈夫だったら発表する。


批判意見にも対処できるように、広い視野を持って開発に臨まなければならない。


研究、開発の時点で薬品の性質や長い目で見た時の影響などをよく考えるべきだった。


農薬がもつ毒性や効果を明確にしておき、事故や批判に対してしっかり反論できるようにしておく


批判されることのないように商品開発をする。


世間に発表する前に、環境に影響を及ぼすのかそうではないのかちゃんと調べる。


環境汚染に関しても、具体的にどのような状況でどういった影響があるかを調べ、影響が出ない範囲での使用にとどめる


自然界で分解される素材か、自然に影響がないかを入念にチェックする。あらゆるリスクに対して粘り強く評価を行い、何か指摘を受けたときに対応できる材料を揃えておく。


その農薬がどんな影響を人体や自然に及ぼす可能性があるのかを事前にしっかりと検証してリスクがどのようなものか確認してから世間に発表する。


人体と環境といった様々な面の安全性を考えるようにする。


間違えがないと確信するまで何度でも実験を繰り返してから世の中にだす。


化学物質を使用した農薬は、総じて環境や人体に有害であるため、化学物質を使わない農薬を作りたい。
が、化学物質を使用しないもには効果が十分にないのではないかと思うので、なるべく自然由来の物質を使用し、最小限の化学物質を使って作る。
あとは、農薬を使う側が、必要最小量のみ使用することによって環境への影響が抑えられる。


農薬を、作る時、その農薬の細かい成分を明確にし、人体に対する影響や、メリットを明らかにしておく。


対象物だけに効力があるのかを多くの実験によりテストする。植物、動物などに影響がないのか、その植物、動物を食べる人間に害がないかをしっかり調べてから商品として出していくべきである。体内蓄積などないか、母体から胎児への影響がないかまで時間をかけてテストしていく必要がある。


徹底した安全性の裏付けを発表する前にしておく。


人体への影響はもちろん、環境への影響もしっかりと検証してから売りに出さなければならないと考える。
また一時の世間の情勢に流されず化学的根拠に基づいた議論を重ねて開発することが大切だと考え、その化学的根拠を世間に広く伝えていくことが大切だと考える。


絶対に人体に有害な影響が出ないようにすることが最も重要だと思うが
しっかり洗浄、熱処理などで人体への影響を防ぐことができるならばちょっと強い薬を作ってもいいと思います
ただし大々的に注意喚起をして被害を出さないように尽力することも開発者の責任だと思います


科学的根拠をもって反論するしかない。


農薬の安全性と効果をを然るべき手段を用いて証明する。


その物質が人畜、害虫だけでなく植物にもどのような影響が出るのかをしっかり調べメリット、デメリットを把握した上で発売する。


開発する際に多数の分野の研究を参考にしてリスクアセスメントを行い、出来るだけローリスクハイリターンのものを開発するように努め、それが正しく世間に伝わるよう努める。


農薬が人体にどんな被害を与えるのかしっかり理解する


製品が完成したら、環境や人体に害はないか検証する。


食物を作る上で消費者の中にも農薬を気にしてる人達がいることも考慮して信頼してもらえるように何かしらの形で安全性を証明する


本当の目的のために効果のある物を作ることは大前提であると思いますが、それによって他に被害が出てはいけないと思いますので、そのようなことにならないように気をつけなければならないと思います。


いろんな角度からアンチ要素を検討し先回りで検証を行ってから発表する


殺虫力も重要だが、人体には無害であることを第一に証明する。


それがどんな作用なのか、どんなものに有効なのか、危険性はないのかなどを長く調査し、安全性を確認しなければならない。


どのような作用を引き起こすのか、また、どのようなものを阻害するのかを明確にする。


さまざな宗教に対応できるよう成分表示を提示し、情報公開していく


環境や人体に対しての影響をしっかりと検証しておくこと。
そして、もし汚染などの問題が提起されたときには検証の、結果を伝える。
また、再評価などの必要が出た際にも、その間の感染者などが増えないようなできる限り最大の対策を取りつつ行動する必要がある。


農薬=人体に影響を与える薬品というステレオタイプを払拭しなければならない。確かに、人間に害を与える薬品も存在するが、中には与えないように作られたものもある。消費者は与えられる情報が少ないために疑心が生まれてしまうので、技術者たちは消費者がわかりやすいように情報を開示し、説明していく必要がある。


環境汚染、体に影響がないか、コストなどに気をつけて農薬を開発する。また、自分で開発のために得たデータや検査結果を公開し、第三者にも検査をしてもらってから発表する。


健康に悪影響ができるだけ少ないことを確かめるため緻密に検査することを前提とし、需要にあった効果がある農薬を生産する。


化学的性質をきちんと見極めて環境への影響を調べるようにする。