HOME 教育状況公表 令和2年11月29日
‹ZpŽÒ—Ï— WebClass Google+ files Syllabus 57420 57470 C1 ‹ZpŽÒ—Ï—FŠÂ‹«•Û‘S


‚±‚̉˜õ“yë‚ð‚ ‚È‚½‚̉ïŽÐ‚ªˆø‚«Žó‚¯‚邱‚Æ‚É‚È‚Á‚½‚̂ŁA‚»‚¿‚ç‚Ì‹ZpŽÒ‚ʼn½‚Æ‚©‚µ‚Ä‚­‚ê‚ÆŒ¾‚í‚ꂽ‚çA‚Ç‚¤‚µ‚Ü‚·‚©H

report/answer
汚染物質排出に関わりがあるなら手伝うが、全く関係ないなら手伝わない
可能な限り有効な手段を考え、実現不可能ならば、理由をあげ断るべきである
今の自分達の技術で可能か可能でなくても研究すれば可能の見込みがあるなら受け、見込みがないのなら引き受けない
I will separate harmful substances in soil by adsorption method
広い場所を探して、地下に埋める。
できるだけかさが減るように濃縮し、堅牢かつ維持管理が容易な地下貯蔵施設に保管する。
福島の規制区域にに処理場を作り、処理する。汚染土を全国に広げる事は悪手だと思う。
お金を出すことができるようなら、広い場所に保管する施設を作るしかない。また、放射線などの汚染物質であれば吸着媒を使って吸着させ、放射線の量を少なくする。
汚染土壌をポリ袋から、鉛やコンクリートの容器に移し替え、放射線の危険性が無くなるまで山奥に保管する。ただし、植物への影響がないように考慮しなければならない。
汚染物質は現段階ではどうしようもないので
せめて隔離して保管するようにする
汚染土壌はどうしようもないのでこれ以上汚染物質を出さない事と、汚染物質が周囲に漏れないようにするしかないと思います。
予算があるなら処理場や廃棄場を新しく作ってそこで長期的な管理をする。
地下深く穴を掘って出た土砂の代わりに汚染土を埋める
1、埋立を行う。
根本的解決法にはなっていないが仮にその土壌が放射性物質などで汚染されている場合、処置に膨大な金額、また様々な化学的問題が発生する可能性があるため。半減期を迎え、かなり微量な放射性物質になるにはかなりの年月がかかるが、一番有効な処置と考えてる。
埋立の場所も硬い地盤の下など放射性物質が漏れ出さない場所に埋立を行う。

2、化学的処置を施す
それほどのコストや過程、危険な反応を避けて化学的処置を施せる場合、そのような対応をする。
コストをかけず、安全にまた容易な反応で危険物質を反応させて安全な土壌にできる場合、埋立よりも最善の方法と考える。
そして反応させた土壌は安全なことが確認されたら再利用を行う。
まず、引き受けた人がきちんと責任問題を問われた時に真摯に対応できるのかを、技術者間、技術者-会社間で話し合いをして、決定してからどのように作業に取り組むかを考える。また、汚染土壌問題はかなり時間のかかる問題であり、技術革新がない限りは一生をかけて向き合わなければならないので、会社のトップの人は会社内の技術者のことを考えてから仕事を引き受けるべきである。
地中の奥深くに埋める。
いやだとは言わないで汚染土壌を無害なものに近づけるように研究したり方法を考えるようにする。
まずはゴミが人体に及ぼす影響を調査し、害があるものであった場合は、お金がかかってでもいい袋使うなど、早急に対応する。
劣化しないような袋又は入れ物を作る
指定区域内で土地を買い上げ、適切な方法で入念に保管する。それに平行して、早急に処分できる方法を確率し、将来計画をリストアップする。
有害物質を除去し、人体に影響がないように処理する。その一部をセメントの原材料として活用したり、健全な土壌として再利用する。
それで、残ったものは民家から離れた人のいない場所で保存。
30年の内に汚染土壌から汚染物質を取り除く薬品を開発して、汚染土壌をきれいにする。
土から放射性物質を分離する技術を開発し高濃度少量にして保管する
できるだけ広い土地を確保し、生活圏に影響のでない深い場所に埋める。地質調査を怠らず、風評被害も考慮するべき。
できるだけ地下深くに埋め立てる
汚染物質を保管する工場もしくは施設をつくる。施設内では、汚染土壌は頑丈な入れ物にいれ、地下に埋める。汚染物質が自然に消えるのを待つよりは、施設を作った方が早い。
地中奥深くに埋める
地中深くに埋める
ミーティングを開いて、可能な技術者がいるか確認する。
いらならそこに任せるし、いなかった場合は他の会社に依頼するか技術者を大至急ノウハウのあるところに出して育成する。
鉛の箱を作って保管する。周辺住民の理解を得るために根気よく説得を繰り返しどうしても理解が得られらない場合はその周辺の土地を全て買収することで事態の改善を試みる。
吸着媒を使って放射性物質を吸着させ核分裂によって放射線を出している太陽に向かって発射する。
現実的とはいえないが宇宙に捨てる。

まずはひとめのつかないところに設備を作り、そこに汚染土壌を移す。

研究用としてほかの研究室に売る(信頼できる人)
・放射能がもれないように袋に土壌汚染を入れる
・人の住んでいない場所に最終処分場をつくり安全に処理する
汚染土壌を処理する場所、輸送、作業員の安全確保のための設備にかかる費用を洗いだし、その費用がどこから出るのか確認した上で、周辺住民、作業員等の十分な安全性が確保されてから処理する。
汚染した土壌を少しずつ入れ替えていく。
大きめの廃棄施設をつくり、他のところからも廃棄物を引き受けることを条件に資金をもらう。
どんな汚染なのかによって対応が違うと思うが、放射能汚染の場合だと立ち入り禁止区域を定め土壌の改修を進める。また、放射能汚染土壌には、ひまわりを埋めると良いと聞いたことがあるのでたくさんの植物などを埋める。改修した土壌はできれば隔離する。
放射性物質などが放出されないような密閉空間を作る技術を開発し、人が暮らしていない場所の地下に埋める!
生き物に影響を与えない策を考える!
汚染土壌を溶融させて、Csなどの汚染物資を揮発分離させてから土壌を埋める。少しお金がかかったとしても、汚染物資を放置するわけには行かないと思う。
汚染物質が外に漏れてこないような金庫のような入れ物を作り、地中に埋める。
頼みは断り、除染廃棄物を廃棄する然るべき機関に連絡する。
今後も廃棄物を処理する機会はあるだろうから、大量に処理する拠点を設け(会社独自か行政と連携するも良し)、そこに廃棄する。
とりあえず、ごみを圧縮して処理しやすいようにする。
次に放射線が外に出ないようにして埋め立てる
他者の技術者たちと話し合い協力し合って処理にかかる費用を分かち合い放射線物質が袋から出ないように注意しながら処理する。
除染できる設備や技術があるのなら迷わず除染する。もしそれらがないのなら、そのままにしておくわけにもいかないので調べたり、専門家を探して処理する。
仕事と言えども選ぶ権利も断る権利も持ち合わせているはずである。引き受けないのが得策である。
そもそも企業のような民間でなく行政の仕事である。話を持ちだされた時点でおかしいのである。
こちらの技術に対する信頼を得たと考えてそれ相応の対価を貰い、技術を駆使して土壌の浄化、そしてその方法の特許を取り、汚染土壌の浄化を専門とする企業の設立。
さらなるビジネスの発展に期待する。
現段階では埋め立てること、焼却処分することが考えられる。埋め立てて新たな埋め立て地として、町を作りだすこともできるのではないだろうか。
なんとかできるから引き受けたと考えるならそのやり方で処理をする。なんともできないのに引き受けたのなら担当を糾弾する。
屋外放置はできないので数重の袋で覆い倉庫等に保管しておく。
安請け合いはしない。しかし、放置しておくわけにはいかないので、いくつかの企業と連携して放射線を緩和する技術の開発に務める。
それまでは福島の立ち入り禁止区域で人がいないところに中間貯蔵施設をつくって管理するべきである。
厳重な管理を行い、新たに適切な場所が見つかるまで預かる。
放射線が届かないぐらい深いところに埋められるような最終処分場を作る
まず防護服を来た作業員たちで汚染土壌を放射線を遮るようなもので包み、保管場へ輸送する。保管場は限られた人のみが出入りできる地下のような場所につくり、外へ放射線が漏れないようにする。あとはひたすら時が経つのを待つ。
技術者にお願いして、汚染土壌をなんとか処理する。最終処分場を探すのにも時間もかかるので、化学反応を利用してできるだけ早く処理できるような方法を考える。
廃棄物を圧縮して容積を減らし、
放射線を遮断できる鉛の中に保存する。
宇宙に飛ばす
人や動物が住めないような環境の土地があったらそこに埋める
汚染土壌をきれいな土に変える。
放射性廃棄物は廃掃法の対象外となっているが、海外や海に放出することなく処理するためには例えば埋め立てするための場所やお金が必要となる。その具体案を提案することを条件として申し出を受け入れる。
福島原発周辺を原子力関係区域とし立入禁止区域として制限、そこに中間貯蔵施設などを建造してしまう
汚染を取り除く技術を使って、汚染を取り除く。
取り除けない場合は、土壌の再生能力を使って年月をかけて取り除く。
なるべく早めに処理するようにするべきである。方法はまだ思いつかないので、おそらく会社で考えます。
汚染土壌を引きとる代わりに、引きとり代としてお金をもらい、そのお金を汚染土壌の処理に費やす。
ロシアのカラチャイ湖は現在世界で最も汚染された地域の一つとされている。この湖は冷戦時代にソ連が放射性廃棄物を廃棄し、その後水量が減少したために放射性物質が溢れ出たためであるが、水量が減るまでは問題は大きく無かったという、穴を掘って底に梱包した土砂を沈め、水で満たせば時間稼ぎにはなると思う。
現状を悪化させないように、いくらコストをかけてでも最終処理場ができるまで今の状況を保つようにします。
それが今できる中で最善の方法だと思うためです。
・土壌が放射能で汚染されている場合、土壌の表面を削り取って、放射線量を検査し、使える土は使う。

・吸着媒を土壌にまき、汚染度の改善をはかる。
汚染土壌をどうにか浄化できる技術を見つける。
環境を汚染しないように処理する
汚染廃棄物を全て一箇所に集め、汚染物質を土壌から抽出などして、分離をする。
最低でも20年は劣化しない特別な袋を開発して被せる。最終処分場が決まるまで持ちこたえれるようにする。
汚染物質をできるだけ排除して埋め立て地に埋める
周りが汚染されないように包んで、埋める。定期的に包み直す。
ポリ袋のことを考えなくていいような別の場所に廃棄する
汚染土壌の入った袋を、そのまま高圧力をかけて体積を出来る限り小さくして、小さくなったものを鉛でコーティングして、放射線が漏れないようにしてから、地下深くに埋める。
・完全に放射線を遮断できる袋を開発し汚染土壌を移し替える。そして人里離れた土地を買い取ってそこに保管する。
・完全に人がいない山や土地を買い取ってそこの土を掘り返し、汚染土壌を埋める。
お金を貰い、それを使って汚染土壌に関わる有害物質を埋め立てたり、またそれが年月を経てもそれが周りに影響を及ぼさないように抑えられるような技術を開発する。
住民の同意は得られないと思われるので、依頼してきた業者の資金で無人地域を大規模に買い上げて汚染土壌をまとめて安置し、それらを放射性物質が完全になくなるまで長期間鉛の板やコンクリートで覆って管理する。その際劣化箇所はその都度修繕する。
埋め立てる
命はお金に変えられないので断る。
汚染物質を活性炭などの吸着媒で吸着しなるべく汚染物質を除去する。ビニール以外の風化しにくい物で包み、放射物質がなるべく外に出ないようにする。
誰かがやらなければしょうがないので、しぶしぶ引き受ける。ただ、多大な報酬を要求する。
人に害を加えないように長期的に保存できるような形にする。(容器などに入れて保存する)
吸着させて汚染を取り除く。
吸着媒に汚染物質を吸着させ、風化しないものに入れて周囲に影響が出ないようにする。
除染廃棄物を放射線の通らない収容ケースに入れて、半減期を過ぎるまで地下に埋める。収容ケースに入れることで土壌に漏れだしてしまうのではないかという不安を払拭する。
技術者は収容ケースの開発を急ぐ。
開発されるまでは放射線の通らない材質の収容庫に入れる。
焼却や圧縮してできるだけ体積を小さくしてから、放射性物質が外に漏れださないように包んで、処理場にお願いして埋める。
焼いて消毒する。
吸着させる
汚染物質を吸着させてから埋め立てる。
放射線物質を通さないもので覆ってから埋め立てる。
汚染物質を取り除く施設をつくる。
汚染物質を吸着させることができるものを土壌に散布する。
これはお金の問題でもなく、一企業がどうにかできる問題ではないと思うので、この依頼は引き受けない。
汚染土壌は処理するがわに大変大きなリスクがあるので依頼してきた人と念密に打ち合わせをししっかりと扱い方などを記載さ教本などを作成し健康管理をこまめに行い慎重に行い事故などを事前に防ぐようにする。
海外の最終処分場や最終処分場などに送る。
一ヶ所にまとめる。本来なら、完全に除染して処分したい所だが、まだ技術的に難しいので半減期まで他の場所への影響が少ない場所に保管する。
会社として考えるべきことは、放射線を遮断できるように鉛やコンクリートなどで厚さのある壁を作らなければならないということである。さらに、それにかかる予算や壁を作る土地の確保、そしてそこまでの廃棄物の輸送手段などを考えていつまでに終わらせるのかも考慮しなければならない。
放射線の影響は人体に多大なる影響を及ぼすから、申し訳ないが、寿命の短い老人の方に頼んで処理をさせる。あるいは、お金は要らないから処理はしたくないと断る。ただ将来のことを考えると次世代の人に影響が広がってしまうのでどうにか処理する方法を考えなければならない。
まず、汚染土壌の扱い方を調べる。それから、一番コストがかからず、自然への影響が少ない方法で処分する。
汚染土壌であるから、人的被害なども考慮し、多少多めに費用を出してもらう。
遮蔽材で作られた建物に保管する。
地下深くに埋める。
おそらく会社に払われる報酬に処理のコストが見合わないと思われるので丁重にお断りする。
まず、技術開発コスト、運用コストを見積もり与えられる引き受け金が妥当なものか判断する。もし、妥当であれば汚染土壌の処理を行い、妥当でなければ引き受け金以下の金額で他企業に売り払うことで利益を出せると思う。【補足だが、個人的感想として、この様に引き取りたくないものを強制的に引き受けなくてはならない時、横流しが横行してしまうと思うので、ストックホルム条約の様な国内での汚染物質の横流しを禁止する法律が必要に思える。】
使わない地中深くに埋める。
プルシアンブルーを大量に作る。
汚染物質を分解できる技術を開発する。
川や山など汚染物質が流出する恐れのある場所を避けて他に影響が及ばない土地に汚染物質が流出しないように周りを囲って埋め立て、汚染物質が流出していないかを何十年もかけて経過観察していく。
無人島のようななるべく人目のつかない・迷惑をかけない所を買い取る/許可をとる…などしてそこに設備を作り、保管・処理を行う。
自分の会社の経済的な事情だと思う。切羽詰まってたらそれなりのリスクがあってもやるだろうし、大丈夫ならリスクをおかしてまでやりたくないから断る。
元々汚染土壌があった場所で処分する。
山奥などに隔離地域を設けて放射性物質がある程度なくなるまで埋めておく
コンクリートで囲った大きな穴に入れ上からコンクリートで覆う
汚染土壌を安全な物質する方法を考え、安全な物質ができたら汚染土壌をなくすことができる。
一時的に汚染土壌を置いておく建物を仮設する。自社の技術でどうにかならないか試験的に行ってみる。または廃棄することだけでなく、何か他の物か他の技術に変換出来ないかと考える。
まず、汚染土壌に含まれている汚染状況を正確に把握する。 なんの有害な物質が含まれているか第一に把握する必要がある。どのくらいの深さまで汚染物質が含まれているのかがわかったらその深さまで掘る作業を行う。
安い土地を買い、まずはそこに保管する。その後少しずつ処理をしていく。
人の住んでいない土地を探し出して買い占め、漏れないように厳重に保管されている汚染土壌をコンクリートなどでそこに埋め立てる。
海外の土壌を購入しそこに埋める。しかしそれは日本が解決するだけで本質的には解決しない。 できれば分解が早まるような物資や反応を発見できればいいとは思うが現実には難しいと考える。
汚染土壌を保管する専用の施設を作る
まず、廃棄物がどの程度人体や環境に影響を及ぼすのか調べる。
影響の程度により、処理の方法もかわると考えた。
あまり影響がないのであれば、あまり人の住んでいないような所に埋めたり沈めたりすることができる。
影響がある程度あるのであれば、住民からの反発も大いに考えられるため、荒れた無人島などに運び込み地域からの反発なども最小限に抑えられるようにする。

また、他の国の処理事例なども調査し使えそうであれば、検討していく。
穴を掘ってドラム缶に入れて地中深く埋める。
自分の会社の技術者に汚染物資が広がらないような技術を開発、研究してもらう。または、実際に汚染物資を移動する仕事をしてくれる人に給料より多くのお金を払って同意の上で仕事をしてもらう。
低コストで長い期間保管できる物をつくる
燃焼させ、害を限界まで無くしてから、地下深くに埋める。出た有害な煙は回収し、活用法を考えたり、無害化してから放つ。
汚染物質を通さない物質を用いて保管施設を作ってとりあえず保管し、早急に汚染された土壌を除染するための技術を研究する。
耐久性のある素材で長期間保存できるようにする。処理は現段階では風評被害などがあり難しい。
国からお金をもらって保管施設を建てて、放射線濃度が低くなるまで保管する。
汚染物はかなり多いはずだから、他の汚染処理にも使える施設を数年かけて建てる
もしくは、引き受けたもののみを埋める
技術を考え出すのに時間がかかるので汚染土壌を置いておく建物を建てて入れる。
汚染土壌を資源として有効活用できるような技術を開発する。
まず、技術者に健康被害が出ないよう、対策を考える。
その後汚染土壌の廃棄の仕方を考え、実行に移す
被ばく量を調べ、再利用できる汚染土壌は農作物の肥料などにする。
ポリ袋よりも長期間保てる袋を開発する
まず汚染土壌がどういった物質で汚染されているのかを分析して、その物質に合った除去方法で処理をする
廃棄場が完成するまで別の置き場所(無人島など)を確保するよう会社に提案する。
放置。
人がいないような土地に、核廃棄物のように埋める。
放射性物質を取り除く技術を研究する。
人が住んでいなさそうな山奥で土の中に放射性廃棄物を埋める方法と同じようにして、処理する。
こちらの技術者では放射性物質は扱えないので、国に訴えて下さいという。技術でなんとかできるのなら、対応する。
地中深くに埋めて取り出さないようにする